松永晴子は(NPO法人)国境なき子供達KnKとは?15歳の壁をなくすために。結婚や給料は?どんな仕事なのか?情熱大陸




情熱大陸にNPO法人「国境なき子どもたち」(KnK

の職員である松永晴子(まつながはるこ)さんが出演されました。

引用:youtube

テーマは

「シリア難民キャンプ 子供達に教育を」

松永晴子さんはシリアという地で女性1人、

難民キャンプ紛争で傷ついた子供達の教育やケアをされています。

今日はそんな松永晴子さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

松永晴子さんのプロフィール

引用:https://etutorend.com/10295.html

名前:松永晴子

生年月日:1980

年齢:38

出身:愛知

最終学歴:筑波大学大学院芸術研究科

卒業後は、彫刻の作品を作りながら

大学・高校などで美術教員として働き、

2009年に日本やベトナムで美術教員として働いたのち、

2011  31歳の時、青年海外協力隊としてヨルダンで美術教育へ

その時アラブの文化に興味を持ち、

これまでの経験を活かし、2014年認定NPO法人「国境なき子どもたち」(KnK)で活動開始されました。

なぜシリアの難民キャンプで活動をするようになったのか?

難民キャンプにいる子供たちは紛争による影響で早くに両親を亡くし、まともな教育をうけていません。

やはり番組をみていても、集中力が続かなかったり、自分がよければそれでいいんだと相手を

叩いたり無理やりものをとったり手に負えないというシーンもありました。

松永さんはそんな子供達に豊かな感情を取り戻してほしい。

将来この子供達が社会人としてまともに生活できるような教養を身につけてほしい。

という思いで活動をしているんだそうです。

松永さんはアラビア語もペラペラで現地の人にもびっくりされていました。

難民キャンプで一緒に活動されていた先生も

松永さんのことを「経験子供との接し方柔軟性が優れている」と絶賛されていました。

知らない土地でしかも女性1人で子供達の幸せの為に一生懸命教育する松永さんの姿に思わず心を打たれてしまいました。

難民キャンプでの活動は募金で賄われているんだとか。

シリアでは今もなお紛争が続き、支援が忘れられてしまい昔ほど金額が集まっていないみたいです。

資金がなければこの活動も続けられません。

このままあまり資金がないようであればこの活動は辞めなければいけなくなるかもしれないようでした。

関連記事はこちら↓

たけし村上が司会!2018年FNS27時間テレビの出演者は?見所や内容は?火薬田ドンも登場!

国境なき子どもたちKNKとは?

国境なき子どもたち(KnK)は、

1997年に日本で設立された国際協力NGOです。

これまで15ヵ国(地域)において8万人以上の子どもたちに教育機会を提供し、

自立を支援してきました。

これまで掲げてきた「共に成長するために」という理念を継承しつつ、

世界の子どもたちに教育と友情を届けられるように活動しています。

支援施設には「15歳の壁」があります。

幼い子供達は施設などで保護を受けることが出来ますが、

15歳になると支援施設のスペースなどに限りがあるため、

止むを得ずそこから立ち去らないといけなくなります。

そうすると子供達は行き先がなくなり非行に走ってしまったり、

劣悪な環境での労働をしなければならなくなります。

KnKは、カンボジアとフィリピンで自立支援施設「若者の家」を運営し、

ストリートチルドレンや人身売買の被害に遭った子どもなど、

貧困の犠牲となった青少年に、教育や職業訓練の機会を提供することで

彼らが社会に出て自立できるよう活動しています。

他にも、紛争や大規模自然災害で困難に直面している子どもたちに、

教育をはじめ、さまざまな機会を提供することで手助けしています。

スポンサードリンク

松永晴子さんは結婚しているのか?

調べてみると現在結婚はされていないそうです。

外国にいる女性はなかなか出会いの機会がないとも聞きますし、

外国人男性との結婚というのは色々と難しい問題もでてきますよね。

松永さん自体「日本人の男性と結婚したい」と嘆いていたらしいので、

あまり国際結婚にも興味はないみたいですね。

仕事も見ていると結構な激務だなぁと思ったのでなかなか恋愛をする

時間の余裕もないかもしれません。

関連記事はこちら↓

松真衣(かつお食堂)プロフィールは?かつおが好きすぎてはながつおが口癖に?鰹節で夫婦の不仲解消?鰹節ご飯はどこで食べれる?27時間テレビ

松永晴子さんの給料は?

NPO職員として働く松永さんはKnKよりお給料が出ています。

平均のお給料を調べてみると、265万ぐらいというデータがでてきました。

向こうでは普通に生活できるくらいのお給料かもしれませんが、なかなか厳しいですね。

しかし、お金ではなくこの仕事にやりがいを持ってされている感じが

とても伝わってきました。

向こうでは活動されている姿はとてもかっこよかったです。

スポンサードリンク

まとめ

松永晴子さんは恵まれない子供達がどうすれば社会で普通に生活していけるか

いろんなことを考えてお仕事に奮闘されていました。

なかなか私達には身近ではない内容ですが、番組をみたことがきっかけで

色々と考える機会になったかと思います。

確かに外国に旅行に行くとストリートチルドレンとか

物乞いする子供達とか沢山いますよね。

そんな子供達が1人でも少なくなるよう

私も募金しようと思いました。

松永晴子さんの活動をこれからも応援したいと思います。

ご覧頂きましてありがとうございました!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする