神田松之丞の嫁(妻)や子供は?本名や学歴や講談師の収入や(年収)は?

滝沢カレンのわかるまで教えて下さい!

に講談師の

神田松之亟(かんだまつのじょう)さんが

出演されます。

 

テーマは

神田松之丞が教える「空前のブーム 伝統話芸 講談について」

 

 

今回はそんな神田松之亟(かんだまつのじょう)さんの

 

学歴や妻(嫁)・子供さんのことや

講談師の年収などを調べてみました!

スポンサードリンク

神田松之丞のプロフィールや学歴は?

 

引用:https://treeoflife999.com/kandamatunozyou

 

【本名】古館克彦(ふるたち かつひこ)

【生年月日】1983年6月4日

【年齢】35歳(20191月現在)

【血液型】A

【出身地】東京都豊島区

【師匠】3代目神田松鯉(かんだしょうり)

 

 

 

 

神田松之亟さんの出身は豊島区池袋です。

 

 

学歴は豊島区立池袋第三小学校を卒業し、

豊島区立道和中学校を出て

聖学院高等学校に進学されています。

 

 

大学は武蔵野大学経済学部経営学科を卒業されています。

 

神田松之丞さんの講談との出会いは

最初は落語からだった様です。

 

 

高校2年生の時にラジオで

6代目三遊亭圓生の御神酒徳利を

偶然聞き,

 

 

のたうちまわるほど大笑いしたそうで、

 

それ以来

落語を聞くのが趣味になったそうです。

 

 

高校卒業後の浪人時代に、

立川談志独演会の高座を見て、

立川談志のファンになりました。

 

 

その後

趣味の幅を広げ、浪曲や講談を

聞くようになったそうですね。

 

 

講談師になることを決意した

神田松之丞さんは

神田松鯉氏に弟子入りし

2007年の11月に末廣亭で

「神田松之丞」と命名されます。

 

 

神田松之丞さんのネタを覚える

スピードは驚異的だった様で、

 

2007年の入門時から9年間で

120ものネタを覚えたそうです!

 

これは確かに驚異的です!

神田松之丞さんは、師匠の松鯉から

「お前は将来名人になる」とお墨付きを

もらったといいます。

 

 

20126月には二ツ目に昇進し、

201510月には

「読売杯争奪 激突!二ツ目バトル」

で優勝します。

 

 

20173月には

「平成28年度花形演芸大賞」銀賞も

受賞しています。

スポンサードリンク

 

神田松之丞の嫁(妻)や子供は?

 

気になる神田松之丞さんの妻や子供についてですが、

 

神田松之亟(かんだまつのじょう)さんは

ご結婚されており

奥さん(妻)は元出版社に

勤めていた女性なのだそうです。

 

 

神田松之亟さん自身、

 

本など出版されたりしているので

そこで出会ったのだと思います。

 

 

一般女性ということもあり

お名前や詳しい情報は

出ていない様ですね。

 

 

たまにTwitterで奥さんと

一緒に出掛けたりしていることが

書かれています。

 

 

奥さんとの間に子供も気になり、

 

調べてみましたが

神田松之亟さんに子供がいるという

情報は出てきませんでした。

 

Twitterなどネットの情報にも、

 

子供がいるような感じが見受けられたかったのでまだいないのかもしれないですね。

 

スポンサードリンク

神田松之丞の講談師の収入(年収)はいくら?

 

講談師も落語と同じように

見習い、前座、二つ目、真打と

段階があり、それによって収入・年収も

変わってくるようです。

 

 

落語と講談師の違いは

落語は面白くストーリーを話すことに対し

講談師は

『軍記や怪談など歴史にまつわる

物語を読み上げるもの』

なのだそうですね。

 

 

落語より講談師の方が

歴史が古いのだそうです。

 

気になる年収はというと

講談師の年収の情報はあまりなく

落語と似ているのかと思います。

 

 

神田松之亟さんは現在二つ目の段階で

二つ目は出演料が2~15万と言われており

大体の月収が45万ぐらいで

年収が550万ぐらいといわれているようです。

 

 

しかし、神田松之亟さんは

テレビ出演やラジオ、本の出版などもされており、

 

 

その収入も入れるともう少し高いのかもしれませんね。

 

関連記事はこちら↓

 

ダンディGOの本名やプロフィールや経歴は?出演番組や料金、講演実績は?

まとめ

神田松之亟さんの学歴は

豊島区立池袋第三小学校・豊島区立道和中学校

高校は聖学院高等学校、大学は武蔵野大学経済学部経営学科

神田松之亟さんの奥さん(嫁)は元出版社に勤めていた一般女性です。

 

 

神田松之亟さんの収入はおそらく年収550万以上はある

講談師という職業を

についてですが、あまり馴染みがないですよね?

 

 

やはり落語より講談師を目指す人は

少ないようですね。

 

 

しかし

神田松之亟さんは最近ちょこちょこメディアにも出てこられており、

講談師という職業は

どんどん知られるようになっています。

 

 

講談師という職業もこれからどんどん目指す人が増えるんじゃないかと思います。

 

 

そんな神田松之亟さんと滝沢カレンさんとの絡みが気になりますね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です