佐藤健寿がかっこいい!高校や出身地・身長は高い?

スポンサードリンク

バラエティー番組「クレイジージャーニー」の出演回数が多い佐藤健寿(さとうけんじ)。

写真家として活躍している人物ですが、佐藤健寿が撮る写真の世界がとてもスゴイと言われています。

今回の記事では、佐藤健寿がかっこいいといわれている理由や、wikiプロフィール、身長や経歴、卒業した学校を紹介します。

佐藤健寿がかっこいい!

まずは、佐藤健寿がどれほどカッコイイのか、写真をご覧ください。

一般的なサラリーマン風ではない、自営業ならではの出で立ちですよね!

写真家っぽい、無精ひげと長髪も素敵です!

スポンサードリンク

佐藤健寿wikiプロフィール

続いて、佐藤健寿のwikiプロフィールを紹介します。

名前:佐藤健寿(さとうけんじ)

生年月日:1978年

年齢:44歳もしくは45歳(2023年現在)

身長:175~180cm

出身地:大阪府大阪市

学歴:武蔵野美術大学映像学科卒業

 

写真家として成功している佐藤健寿ですが、実はプロギタリストを目指していた少年だったのだとか。

そして、プロギタリストになるために、中学生の頃から1日7時間もギターの練習をしていたというから驚きですよね。

ただ、大学時代にギタリストになる夢を断念してしまい、写真家という道に進んでいます。

とはいえ、どちらも自身の感性が大きく生かされる仕事です。

佐藤健寿は生まれつき感性が豊かで、だからこそ写真家として成功を収めているのかもしれませんね。

佐藤健寿の身長は高い?

続いて、佐藤健寿の身長を紹介します。

残念ながら佐藤健寿の身長は公式プロフィールなどにも明かされていないのですが、175~180cmと比較的高身長なのでは?といわれています。

理由は、番組で共演する出演者と比べて身長が高いように見えるからです。

とはいえ、実際の身長は明かされていないので、あくまで憶測の話になります。

スポンサードリンク

佐藤健寿経歴・生い立ち

続いて、佐藤健寿の経歴や生い立ちを紹介します。

佐藤健寿は大学を卒業後、アメリカに留学してカメラについて色々と勉強をしました。

その時、学校の授業で「アメリカ国内で(学校とは)別の州を撮影してきなさい」という課題が出たのだとか。

通っていた学校がカリフォルニアだったので、佐藤健寿は以下のように思いました。

ラスベガスの北にエリア51があるな。そこに行けば面白い絵が撮れるかも!

そして、実際に足を踏み入れたのです。

ちなみに、エリア51とは、アメリカ空軍ネリス試験訓練場内の一地区で、UFOの聖地といわれている場所になります。

ただ、当時アメリカはエリア51の内部を外部に漏らしておらず、アメリカ国民もエリア51がどういう場所なのかを知らなったのだとか。

つまり、佐藤健寿は存在こそ知られているものの、具体的にどういう場所かまでは知られていないエリア51に初めて入った人物なのです。

そのことから、実は佐藤健寿はWikipediaから「(佐藤健寿が撮った)エリア51の写真を使わせてほしい」と依頼があったのだとか。

もちろん、佐藤健寿は快諾。

実際、佐藤健寿が撮ったエリア51の写真をきっかけに、エリア51の全貌が徐々に明らかになっていったのです。

この出来事を機に、佐藤健寿は以下のように思いました。

これだけ有名な場所でも意外と誰もちゃんと撮ってないんだなと思って、その翌年にまたヒマラヤに行ったり、ロズウェルに行ったりと、世界各地に行くきっかけになったといえばなった気がします。

学生時代にエリア51に足を踏み入れていなければ、もしかしたら佐藤健寿は今のような活躍をしていなかったのかもしれません。

運命的なエピソードですよね。

ちなみに、小さい頃は矢追純一の超常現象の番組が好きだったといいます。

ごく普通の少年だったのですね!

佐藤健寿の出身地や中学・高校・大学

最後に、佐藤健寿の出身地や出身学校を紹介します。

佐藤健寿は高校卒業後に法政大学に進学したものの中退し、武蔵野美術大学に進学。

同大学卒業後はデザイン会社に就職したのですが、わずか1日で退職。

その後、アメリカ・カリフォルニア州にある美術大学に2年間留学し、写真家として活躍するようになりました。

とても華やかな学歴なので、実家がお金持ちであることが想像できます。

武蔵野美術大学は4年間で670万円ほどの学費がかかるといわれていますし、そこから留学したとなれば2年間で1,500万円ほどの大金を支払った可能性があります。

しかも、最初の法政大学の入学金や学費もあるので、大学だけで3,000万円近くの大金が家計から出たということ。

一般的な家庭では、到底無理な話ですよね。

佐藤健寿は結果としてとても有名な写真家となり、年収も1,000万円を超えているといわれているので両親も安心しているでしょうが、写真家は成功するか否かが分からない難しい職業です。

そういった職業に就きたいという子供を金銭面でサポートしていた両親は、実際のところ「これだけの大金を出してそれに見合う活躍はしてくれるのかしら」と思っていたでしょうね。

ちなみに、法政大学に入ったのは音楽の道に進むためだったのですが、大学時代に音楽の道に進むのを断念したため、進学先を武蔵野美術大学に変更しています。

なかなかクレイジーですよね。

スポンサードリンク

まとめ

今回の記事では、写真家・佐藤健寿について紹介しました。

学歴や経歴がとてもクレイジーだった佐藤健寿。

そんな息子を支えたご両親も、さぞかし大変だったことを想像します。

唯一無二の存在感を放っている佐藤健寿。

これからの活躍にも注目していきたいですね!

(Visited 1,309 times, 1 visits today)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA