渡辺宏の顔画像や生い立ちがヤバイ!母親の死で逆恨み?

          スポンサードリンク

2022年1月27日午後9時ごろ、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家で、住人とみられる男が猟銃を発砲し人質をとって立てこもる事件が発生しました。

そして、2022年1月28日午前8時前に殺人未遂の疑いで、渡辺宏容疑者(66歳)が緊急逮捕されました。

人質になったのは、弔問のため民家へ訪れていたと見られる医師で お亡くなりになってしまい、看護師と介護士は重傷と軽傷を負わされたとのこと。

今回は渡辺宏容疑者の 顔画像や経歴や犯行動機や過去についてもまとめてみました。

渡辺宏容疑者の顔画像は?

27日夜9時ごろ、埼玉県ふじみ野市の住宅で猟銃のようなものを持った男が44歳の医師を人質にとり 立てこもりました。

男性医師は心肺停止で意識不明の重症、 そこから死亡したことが確認されました。

死亡したのは鈴木純一さん44歳の医師です。

2022年1月28日午前8時前に犯人は身柄が確保され、66歳の渡辺宏容疑者が殺人未遂で緊急逮捕されました。

報道で公開された渡辺宏容疑者の顔画像はこちらです。

          スポンサードリンク

渡辺宏容疑者の犯行動機がヤバイ

渡辺宏容疑者は 高齢の母親が死亡したことについて、弔問に訪れていた医師と看護師、介護士の男性3人を含む関係者と トラブルになっていたようです。

なぜトラブルになったのかと言うと、渡辺宏容疑者の 亡くなった母親の介護の対応に怒っていたからなのだそうです。

渡辺宏容疑者は トラブルになった直後に 散弾銃を発砲したとみられています。

渡辺宏容疑者は「母が死に、医師らを殺して自殺しようと思った」

などと供述しているようです。

渡辺宏容疑者の 経歴は?

渡辺宏容疑者は 2022年の1月現在66歳です。

職業は無職とのこと。

渡辺宏容疑者は 現在の自宅に1.2年前に引っ越してきており寝たきりだった高齢の母親と2人暮らしで介護医療サービスを受けていたようですね。

渡辺宏容疑者は 母親をつきっきりで介護しており母親想いだったようです。

近隣住民は、渡辺宏容疑者が 引っ越してきた後挨拶に来たそうですが、「母親を看病してますから近所付き合いはできない」と告げられていたようです。

「そんなことをする人に見えなかったので驚いている」と 近隣に住んでいる住民も驚いていたようです。

また、別の近所に住んでいる女性も「ドアを開けるときはいつも半分だけ。呼び鈴を何度も押してやっと出てきてくれた」 とコメントしており母親を一生懸命介護していた様子が伺えます。

このような犯行に及んでしまったのも、母親の死に憔悴しきっており、精神的に参っていたのかもしれません。

          スポンサードリンク

ネットの反応

https://twitter.com/shigezo0727/status/1487256587127627776?s=20&t=CPPd-TtIrWOjyuocI3GIrw

https://twitter.com/Kazulu9/status/1487253527172845570?s=20&t=CPPd-TtIrWOjyuocI3GIrw

(Visited 51 times, 1 visits today)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。