西村賢太の死因は持病の悪化?それともコロナ?

          スポンサードリンク

西村賢太(にしむらけんた)さんが 2022年2月5日 東京都内の病院で死去したことが発覚しました。

西村賢太(にしむらけんた)さんは 54歳と言う若さでお亡くなりになられているので、 死因が何だったのか?コロナだったのか?など 気になる方も多いようです。

今回はそんな西村賢太(にしむらけんた)さんの死因が 持病の痛風が影響していたのか?それともコロナだったのか?など調べてみました。

西村賢太(にしむらけんた)さん 死去wikiプロフィールは?

芥川賞作家の西村賢太さんが5日午前6時32分、都内の病院で亡くなった。54歳だった。関係者によると、西村さんは前日夜に乗車したタクシーの車内で体調不良を訴え、病院に搬送されたが心停止となり、蘇生を試みられたものの、帰らぬ人となった。死因については警察が調査中。また、葬儀については遺族の意思を確認しているという。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

西村賢太(にしむらけんた)さんは 54歳と言う若さでお亡くなりになられています。

生年月日は1967年7月12日生まれ東京都出身です。

読書が好きなお姉さんの影響で幼少期から赤毛のアンやキュリー夫人などを読んでいたんだとか。

父親と母親は幼い頃に離婚しており、ほぼ母子家庭で育ったようです。

父親は強盗強姦事件を起こして以前逮捕されており、中学生の頃にそれを知ってしまった西村賢太(にしむらけんた)さんは 中学校3年生の2学期ごろから不登校になってしまいます。

その影響で高校は全寮制の高校しか行くところがないと教師に宣告され、寮に入るのが 嫌だった西村賢太(にしむらけんた)さんは 高校にはいかずアルバイトを しながら小説家を目指したそうです。

2007年、『暗渠の宿』で第29回野間文芸新人賞受賞。

2011年、「苦役列車」で第144回芥川賞受賞。

など、とても小説家として輝いた実績を残されています。

          スポンサードリンク

西村賢太(にしむらけんた)さんの死因は?

西村賢太(にしむらけんた)さんは 54歳と言う若さでこれからまだまだ活躍を期待されていましたがお亡くなりになってしまいました。

一体死因は 何だったのでしょうか?

西村賢太(にしむらけんた)さんは 4日の夜に乗車中のタクシー内で体調崩し、都内の病院に搬送されそのままお亡くなりになっています。

しかし、現在のところ死因などは 一切報じられていません。

原因ははっきりとわかっていませんが、タクシーの中で意識を 失い、そのままお亡くなりになったと言う事は突然死 の可能性が非常に高いと思われます。

突然死の原因は、心筋梗塞を始め、心筋症、弁膜症、心不全等の心臓病によるものが6割以上を占めるようですが、 それ以外の日本人の死因の中で突然死の代表的な疾患として「くも膜下出血」もありますよね。

さらに西村賢太(にしむらけんた)さんは 持病で痛風を持っていたと本人が明かしています。

27歳から痛風なんて。。。お若い時からなっていたんですね。

痛風による合併症として、心血管障害や脳血管障害などが挙げられているので、 持病の痛風が悪化してこのような事態になった可能性が高いですね。

27歳から痛風だったら可能性は高そうです。

ネットの声

 

 

 

(Visited 54 times, 1 visits today)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。