島田拓(アリ販売)年収や結婚した嫁(妻)と子供のがいる?年齢や職業やwiki経歴が面白い!




アリマスターの島田拓がクレイジージャーニーに出演されます。

島田拓は今回南米アマゾンでレア種をハントするそうです。

あり専門店ANTROOMの代表という肩書きももち、まさに人生はアリに捧げられています。

今回のクレイジージャーニーも見たことないありと生物のオンパレード!とのことです。

今回はそんな島田拓のプロフィールや経歴

年収や結婚した妻(嫁)子供

アリを溺愛したきっかけ

等について調べてみました!

それでは行ってみましょう!

スポンサードリンク

島田拓のプロフィールや経歴は?

出典:http://muchu.ties-p.com

名前 島田拓(しまだたく)

生年月日 1981

年齢 37歳(2019年現在)

出身 東京都目黒区

島田拓はアリを溺愛しているそうで、

365日ひたすらありを観察しているといいます。

高校2年生の時にペットショップで働くために高校を中退しています。

それだけ生き物に対しての熱意が人並み以上にある方なのですね。

あり専門店ANTROOMの代表という肩書きももち、まさに人生はアリに捧げられています。

小さい頃から虫取りが大好きだった島田拓ですが、

そんな島田拓は、アリ販売の第一人者です

確かにありの販売なんてあまり聞かないですものね?

こんなにありよう溺愛する人も珍しいですが、

それにより今までにないありの販売と言う新たなジャンルを生み出し話題になっているようです。

スポンサードリンク

島田拓のアリを溺愛したきっかけは?

出典:http://muchu.ties-p.com

島田拓は、なぜこんなにもありを溺愛するようになったのでしょうか?

それはペットショップで働いている頃のことです。

山でムネアカオオアリの女王アリをたまたま拾ったそう

その女王アリが卵を産み、そのアリが育ち、

やがて大きくなりアリ同士で協力し合い、生きて行く姿をみて感激し、

そこからアリを溺愛するようになったそうですね。

島田拓の立ち上げたAnt Roomですが、最初は副業位の気持ちでやっていたそうですが、

ありの仕入れは週に1度山に行って島田拓自身が行っているらしく、

おそらくありの仕入れにたびたび行っていくうちにありの収穫も達人クラスになっていたようで、

なかなか難しい女王アリの捕獲なども島田拓は行なっています。

アリ販売という珍しさから話題になり、

割と安定しているようですね。

スポンサードリンク

島田拓の年収は?

そんなアリの発送が割と安定している様子の島田拓ですが、年収のほどはいかがなのでしょうか?

アリの発送は月に100150くらいあるみたいです!

結構すごいですよね!

それ以外にもこのありがきっかけでテレビにも出演されていますし、

そう考えると収入も悪くは無いかと思います。

むしろ結構儲けてるのではないでしょうか?

さらに売っているのはありだけでは無いそうで、

飼育ゲージ(ありマシーン)の販売もしており、単価が7000円から16,000だそうです。

さらに、

ありの家族の販売もしているそうで

(女王アリ+働きアリ50匹)は単価3000円から20,000円位の値段で、結構ないいお値段ですよね。

ありの飼育は難しく、なかなか珍しく難しいこともありこれらのオプションも一緒に購入される方が多いようです。

それらのことを全部合わせて考えると年収は1000万から1800万くらいは稼いでいるのではないでしょうか⁇

最初は副業位で考えていたのに、どこの誰よりもありで稼いでしまいましたね!

人生何が起こるかわかりませんね。

島田拓は結婚してる?妻や嫁や子供は?

そんな島田拓は結婚しているのか?

アリオタクという事もあり、結婚してないと思っていましたが、

なんとご結婚されていました!

しかも奥様はめちゃくちゃ可愛い奥様です!

奥様の写真はこちらです!

出典:https://izakaya-taps.com

一般の方なので詳しい情報はありませんでしたが、

かなりかわいいですよね!

しかもお子様もお二人もいるそうです!

お二人の馴れ初めなどがとても気になりますね。

ひょっとして奥様もありが好きなのでしょうか?

スポンサードリンク

まとめ

今回はアリマスターの島田拓について調べて見ました!

可愛い奥様と、子供にも恵まれていた島田拓でしたが、

高校を中退してまでペットショップで働き、

生き物の中でもっとも愛するアリにも出会い

まさに好きなことで稼いでいて

素晴らしいと思います!

今回のクレイジージャーニーでどんな展開を見せてくれるのか楽しみですね!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする