星野源の経歴や学生時代のエピソードは?松本潤との関係は?オタクだった?

嵐にしやがれの元日スペシャルに

 

俳優・ミュージシャンとして人気の星野源さんの中学校や高校の偏差値や学歴を紹介します。意外にも学生時代にイジメにあっていました。

 

 

以下では星野源さんの学歴や経歴、出身中学や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

スポンサードリンク

星野源のプロフィールや経歴は?

 

 

星野源(ほしの げん)

1981128日生

身長168

血液型はAB

埼玉県蕨市出身の俳優、ミュージシャン、ライター

 

 

本名同じ

家族構成は両親と本人(兄弟はいない)

中学時代から音楽活動や演劇活動をはじめる。

 

2000年バンド「SAKEROCK」を結成し、2011年のソロアルバム「エピソード」がヒットします。

 

 

音楽活動と並行して、2003年のドラマ「ウォーターボーイズ」で俳優としてデビューします。

 

 

2013年に出演した映画「箱入り息子の恋」や「地獄でなぜ悪い」などの演技は評価が高く、

日本アカデミー賞新人俳優賞など、多くの映画賞の新人賞を受賞しました。

 

 

代表作は「69」「少年メリケンサック」「WATER BOYS」「弟」「ゲゲゲの女房」「11人もいる!」「コウノドリ」などです。

 

 

201212月にくも膜下出血のため活動を休止するが、20132月に復帰します。

 

 

2015年にNHKの紅白歌合戦に初出場。

 

 

2016年の「真田丸」で、NHK大河ドラマ初出演されます。

 

 

同年に新垣結衣と共演したテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の恋ダンスがブームになりましたね。

 

 

2018年に「アイデア」がNHKの朝ドラ「半分、青い。」の主題歌に採用されてヒットします。

 

スポンサードリンク

松本潤との関係は?

 

星野源は嵐の中で松潤と仲がいいらしく、

 

松本潤とは中村七之助つながりで知り合ったらしいですね。

 

中村七之助に呼ばれてバーに行くと

すごいかっこいい感じで松本潤が座って待っていたらしいですね。

 

 

名古屋に行った際に、松潤におススメのお店を聞いた際に、

 

自分の生まれた年のワインが用意されていて、

 

「口説かれているかと思った」とおっしゃっていました。

 

 

経歴・プロフィールの詳細

 

家族構成は両親と本人(兄弟はいない)

埼玉県で音楽付きの両親実家は八百屋を営んでおり、

 

 

ジャズ好きの両親の元に生まれた1人っ子だったそうです。

 

両親は一人っ子の星野源わ楽しませるため、

家に帰るとメモが置かれており、

押入れをみろ

台所を見ろ

ピアノの上をみろと順をたどるようなメモが置かれていたようで、

 

その先には、

お菓子の詰め合わせが置かれていたりしたようですね。

 

 

星野源が寂しくないようにいつも考えてくれるような

いい両親だったとのこと。

 

スポンサードリンク

出身小学校や小学校時代のエピソードは?

 

出身小学校:川口市立前川小学校

小学生の頃は、鬼の様に暗かったとのこと。

 

 

星野源さんの出身小学校は、川口市内の公立校の前川小学校です。

 

 

小学校低学年の頃のお気に入りはマイケル・ジャクソンで、ダンスのマネをしていたそうです。

 

 

しかし小学校3年生の時のマラソン大会を機に、学校に馴染めなくなってしまいます。

 

 

「ボクらの時代」でも語っていますがこのマラソン大会の際に、星野さんは「大」を漏らしてしまって、以降はあだ名も「う〇こ」となってしまったそう。

 

 

そのためそれをきっかけにイジメられたこともあって、普通に同級生と普通に自分の気持ちで話せなかったとも言っています。

 

 

学校に行くたびにどんどん暗くなって行き、

 

殻に閉じこもっていた星野源さんでしたが、

人生が変わる出来事が起きます。

 

そのきっかけになった神父の服だったとのこと。

 

小学生の頃の星野源さんは、ジェームズブラウンの映画で

ブルースブラザーズの映画のシーンで

主人公が光を浴びて

バンドや演劇が彼の人生を変えるというシーンがあります。

 

 

この映画を見たきっかけで星野源もバンドや演劇に目覚めます。

 

 

小学生の頃から星野源は音楽や演劇をする事を目指していたそうですね。

スポンサードリンク

 

出身中学校や中学校時代のエピソードは?

 

 

出身中学校:自由の森学園中学校 偏差値46(やや容易)

星野源さんは中学校は、私立の共学校の自由の森学園中学校に進学しています。

 

同校は系列の高校も含めてテストによる序列化をおこなわないため、定期テストがなく、成績も自己評価、制服や校歌、校章もなく、まさに自由でユニークな校風で知られている中学校です。

 

 

髪型の規制などもなかったことから、星野さんも中学時代は髪を腰あたりまで伸ばしていたこともあったそうです!

 

 

星野源は中学から音楽を始めたそうで、

中学1年生の時にギターをはじめて、中学3年生の時にオリジナルの歌詞を作っています。(本人の記憶によれば高校1年生の時の可能性もあるとのこと)。

 

 

後述する小学校時代のトラウマから当初は学校でもあまり笑うことができませんでしたが、無理して笑っているうちにだんだん笑えるようになったそうです。

 

 

星野さんは中学校では演劇部に入部したかったのですが同校には演劇部がなかったことから、友達と自主的に演劇をはじめていました。

 

 

本人もかなり中学の頃の自分は、かなりオタクだったと話しており、

あだ名はおじいちゃんだったそうです。

 

 

音楽と演劇の世界に没頭していたそうです。

スポンサードリンク

 

出身高校や高校時代のエピソードは?

出身高校:埼玉県 自由の森学園高校 偏差値48(やや容易)

 

 

星野源さんは中学校卒業後は、自由の森学園高校に内部進学しています。

 

この高校はかなり自主性を尊重している教育方針で大学進学率も半数程度ですが、立教大学や学習院大学などの難関大学へ進学する卒業生もいます。

 

 

またこのような校風からか、俳優やミュージシャンになる卒業生が多いみたいですね。

 

 

高校2年生の時に、星野さんは後に入団することになる劇団大人計画の松尾スズキさんの公開クラスを受講しています。

 

 

台本を持ちかえり、舞台演出をしていたそうで、最初は観客に受け入れられなかったそうですが、だんだんと観客にも受け入れられる様になり、

 

自分のいいと感じたものは受け入れられると自信がついた様ですね。

 

 

当時は小学校の時のトラウマでパニック障害を患っており、高校3年生の時には不登校気味になったこともあるそうです。

 

 

高校時代もかなり内気な生徒だったようですが、家族の支えなどもあって、無事に高校は卒業できたようですね。

 

 

また高校でも音楽を続けており、この自由の森学園の6年間はその後のルーツになったようです!

 

 

中学・高校時代は女子と話をするのが非常に苦手だったそうですね。

 

 

なお後にバンド「SAKE ROCK」を共に結成することになる伊藤大地さんと野村卓史さんは高校の1学年先輩で、浜野謙太さんは1学年後輩なのだそうです。

引用:https://www.amazon.co.jp

 

まとめ

 

 

星野源さんの学歴と学生時代のエピソードをまとめていました。

 

 

そして現在での星野さんのマルチな活躍は周知のとおりで、演技の評価も高いことから俳優としても多くのオファーを受けています。

 

 

またソロ歌手としてもヒット曲を連発しており、NHKの紅白歌合戦にも連続して出場するほどの人気ぶりです。

 

 

 

さらなる飛躍も期待したいところですね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です