東大レゴ部の作品が登場し話題に!クオリティがヤバイ!面白い!櫻井翔も挑戦!




「嵐にしやがれ」の放送において、東大レゴ部さんが登場しましたね!

嵐の櫻井翔さんが東大レゴ部に潜入し、レゴブロック作品作りに挑戦する内容とのことです!

という事で、東大レゴ部とはどんな部?

東大レゴ部の傑作レゴ作品ランキング

レゴ部の謎すぎる才能や活動は果たして生かせるのか?

櫻井くんもレゴを体験作品の完成度は?

などまとめてみました!

スポンサードリンク

東大レゴ部とはどんな部?

東大レゴ部はレゴブロックでの作品制作を目的としたサークルです。

学園祭での展示を行うために、学園祭前の数カ月間、不定期で集まって作品制作を行っています。

レゴ部は、2007年の五月祭(東大の学園祭)で、レゴの安田講堂を展示することを目的として結成されました。

結成時は安田講堂の制作のみで解散するつもりでしたが、

五月祭の人気投票で1位をとった事もあり、サークルとして活動を続けることになりました。

毎年作品展示を行っています。

現在の部員数は、1年生から4年生まで20名が在籍しています。

2007年から毎年、五月祭での展示を行っているそうで、

2010年からは、秋に駒場キャンパスで開催される駒場祭でも企画展示を行ったそうです。

学園祭以外でも学外で展示を行うことがあり、高島屋日本橋店での作品展示を行ったこともあるそうです。

スポンサードリンク

東大レゴ部の傑作レゴ作品ランキング

3位 警視庁

こだわりのポイントは窓ガラスの様な所の青と黒を交互に取り付けた所だそうです。

さらに周りの木の葉っぱの部分も細かくレゴがとりつけられておりかなり細かい作業です。

2位 東京大学のロゴ

この東京大学の文字の筆の細かい止めや払いなど細かい所までこだわって作り上げています。

さらに文字の隣になるイチョウの細い切れ目とかもすごい!

四角いプレートで細かく再現しています。

使用する時に大学当局から、「厳密に再現しないと使用許可がおりないかったんだとか!

中途半端にやるな!とのことだった様です。笑

1位 未来都市(504種類 計12000ピース)

実在したものを再現したわけではなく想像力で作ったオリジナル作品なのだそうです!

これだけかなり次元が違いますね!笑

地上は近未来

地下は汚い生活感のある感じを出し、

「格差社会の闇」を表現したらしいです。笑

そこまで考える⁈笑

しかも地下には緑の汚れた下水に黄色の汚水まで忠実に表現し

格差社会感を出しています。

櫻井くん「メッセージ性強くない?」

うん、私もそう思った。笑笑

レゴ部の謎すぎる才能や活動は果たして生かせるのか?

さらに未来都市には新幹線もあったのですが、新幹線の裏と線路に磁石を仕込み、浮いた状態で走り出すように細工をしていました。

「レゴでこんな事できるのかと驚愕の櫻井くん。

「この才能はレゴ以外に生かせる部分は?」

と櫻井くんが質問すると、

「どうやったら人に伝えられるのか?というのを限られたパーツの中で選ぶことが人への伝えかたにも生きてくる」

と素晴らしい答えが返ってきて、

「身につまされるよと櫻井くん。

さすが東大生。ただ無駄に才能や頭を使っているだけではなく、

ちゃんと今後の自分の為にも役立つとお考えなのでしょう。笑笑

スポンサードリンク

櫻井くんもレゴを体験作品の完成度は?

やってきたのは部室思ったよりかなり狭い!

そして、櫻井はここで恐竜を作ることに!

自由な発想で作り出すという事で、櫻井くんはどんな作品を作りだしていくのでしょう?

レゴ部の部員は、ちゃんと作品を乗せるプレートの下準備を行なっていて、

本当に細かい所までこだわるんだなと思いました。笑笑

まず、法学部佐名木くんの作品

「ブラキオサウルス」ちゃんと首まで動きます!穴の空いたプレートを使って黒目まで表現しています!

続いて工学部建築学科 金子くん

アンキロサウルスの背中のゴツゴツした所やハンマー状のしっぽを細かく再現しています。

その横の翼竜

空いた口や飛んでる感じを忠実に再現しています。

最後は櫻井くん

「ナニカシラノサウルス」!!

なにそれ!?

ポイントはお目目となぞのしっぽを2つつけたんだそうです!

櫻井くん「これが私の限界です!」

東大レゴ部は、「独創性にあふれていて素晴らしい」

ほんとに!?笑

決して人を傷つけないコメントが真面目で面白かったです!笑笑

スポンサードリンク

まとめ

今回は東大レゴ部について、東大レゴ部とはどんな部?

東大レゴ部の傑作レゴ作品ランキング

レゴ部の謎すぎる才能や活動は果たして生かせるのか?

櫻井くんもレゴを体験作品の完成度は?

などまとめてみました!

東大レゴ部、謎すぎるこだわりや無駄に才能に溢れていましたが、

決して無駄ではありませんよ!

むしろこんなにブロックだけで細かく、さらに精密に想像力を掻き立ててできるなんてかなりの生きる上での資産になるに違いない!

しかし、追求心がやばすぎて真面目にやってるのに逆に面白くなってしまうというレゴ部!

今後も活動が、気になります!!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする