富永照子のプロフィールやwiki経歴は?伝説の女将の功績や十和田の場所は?

201997日(土)放送の激レアさんを連れてきたでは、

 

『持ち前の“チャキチャキすぎる性格でゴーストタウン一歩手前だった浅草を日本有数の観光地へと蘇らせた伝説の女将』。こと

 

冨永照子が出演します。

 

いったいどんな激レア話が聞けるのでしょうか?

 

今回は、冨永照子の

富永照子のwikiプロフィールや経歴は?

老舗手打ちそば『十和田』の場所は?

冨永照子の伝説・功績は?

について調べてみました!

スポンサードリンク

富永照子のwikiプロフィールや経歴は?

名前:富永 照子(とみなが てるこ)
生年月日:昭和1213日(1937年)
出身地:東京浅草
年齢:82才(20199月現在)
高校:上野学園高校

肩書き:・浅草仲見世の老舗手打ちそば『十和田』四代目女将
NPO法人『全国商店街おかみさん会』理事長
・一般社団法人『ニッポンおかみさん会』代表

ものすごい肩書きの持ち主です!

 

更に著書も出しており、

 

「おかみさんの経済学(角川書店)」という著書です。

出典:Twitter

富永照子は昭和12年生まれで浅草仲見世で生まれ育ちました。

 

浅草寺幼稚園から台東区浅草小学校、上野学園中高一貫校を卒業。

 

学歴はここまでのようですね。

 

昭和35年(1960年)23才には結婚。

 

浅草のお菓子屋『菊水堂』に嫁入りします。

 

その後30才で「浅草おかみさん会」を設立。

 

ゴーストタウン一歩シャッター街だった浅草を日本有数の観光地にした伝説の女将の富永照子。

 

浅草にすごい歴史を作った女性ですね。

 

観光案内図や2階建てバス、浅草サンバカーニバル、ニューオリンズ・ジャズ・フェスティバルなどを成し遂げ、まさに生きる伝説ですね。

 

現在は老舗手打ちそば『十和田』四代目女将をしながら、NPO法人『全国商店街おかみさん会』理事長も務めており、

 

相変わらず忙しそうですね。

スポンサードリンク

老舗手打ちそば『十和田』の場所は?

富永照子は、浅草おかみさん会の理事長をし、さらに本業は、

 

浅草仲見世老舗手打ちそば「十和田」

4代目女将ですね。

 

そんな老舗手打ちそば『十和田』の場所はどこなのでしょうか?

場所:東京都台東区浅草1-33-5

ここにいくと富永照子に直接会えると思うので、老舗の店のそばを一度は食べに行ってみたいですね!

スポンサードリンク

冨永照子の伝説・功績は?

 

そんな富永照子の激レアな伝説がやばすぎるので紹介していきます。

 

1.浅草の観光案内図を作る
2.
日本では初の2階建てのらバスを走らせる
3.
浅草サンバカーニバル
4.
浅草ニューオリンズ・ジャズ・フェスティバル
5.
浅草観光振袖学院設立

 

昭和35年(1960年)当時、浅草は映画館で栄えていた街だったそう。

 

しかし昭和39年(1964年)東京オリンピック以来、街が衰退してゴーストタウン化してしまいます。

 

松竹映画はテレビに押されて衰退し、商店街は「1時間に5人と犬一匹」という非常に寂しいシャッター通りになってしまったようです。

 

そんな町の様子をみかねた富永照子は、昭和42年(1967年)30才で、子供たち次の世代のために共同組合『浅草おかみさん会』を設立。

 

しかし、男性からは

「女のくせに生意気だ」

「おかみさん会なんてろくなものじゃない。」

「あんな会に女房はいれちゃダメ」

 

その時代らしいバッシングをうけてしまいます。

 

それでも冨永照子は諦めず、

 

ダメでもとでコツコツがんばりました。

 

最初に、富永照子は観光案内図を作るとなんと取材を受け、

 

そこからまちおこしの手ごたえを感じたみたいですね!

 

次は子育てのために、認可保育園「ひまわり保育園」を作ります。

 

浅草6区の再開発事業は商店街に必要な人混みを考えてくれなかったそうなので、

 

なんと!浅草出身のホテルニューオータニ大谷社長に相談したのち、『ROX』というビルを建ててもらったそう!

 

すごい行動力ですね!

 

そして、設計事務所からのアドバイスを受けてニューヨークのニューオリンズ見に行って閃いたのが、浅草ニューオリンズジャズフェスティバルをやることでした。

 

日本初の2階建てバスについては、高さで許可が下りなかったのですが、運輸大臣に直談判したら一発OKをもらい。(次々とすごい人出てきますね)

 

浅草サンバカーニバルは最初は阿波おどりをやる案だったそうですが、

 

コメディアンの伴淳三郎さんが「阿波踊りなんて古い。リオ・カーニバルがいい」と意見を言ってくれたからカーニバルになったそう。

 

大衆芸能の必要性を欽ちゃんに相談したら「欽ちゃん劇団」を作ってくれて、毎日上演用のショー&ビアレストラン「ロックン・ロック」をダイエー中内社長が作ってくれたそうです。

 

普通に話してますけどすごい行動力とすごい人脈ですよね!

 

こんな人たちと繋がれるのも富永照子の人柄なのでしょう!

スポンサードリンク

まとめ

今回は、冨永照子の

富永照子のwikiプロフィールや経歴は?

老舗手打ちそば『十和田』の場所は?

冨永照子の伝説・功績は?

について調べてみました!

 

冨永照子の経歴や伝説などを改めて見てみるとほんとにすごい人脈やすごいことを普通に成し遂げているからほんとにすごいですね!

 

やはり激レアさんはただ者じゃ無いようです。

 

番組では富永照子のどのような話が聞けるのか?楽しみですね!

 

97日の放送を楽しみにしておきましょう!

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です