松尾留与(まつおとめよ)Facebook顔画像やSNS、妹夫婦の名前や家族構成は?

          スポンサードリンク

兵庫県稲美町で、小学6年生の松尾侑城くんと1年生の松尾眞輝くんが死亡した放火事件の犯人として伯父の松尾留与(まつおとめよ)容疑者が逮捕されました。

そこで、松尾留与の顔画像や事件の内容、憎しみがあったと思われる妹夫婦についても調べてみました。

松尾留与(まつおとめよ)事件の内容は?

https://twitter.com/5364xyz/status/1464433633150705667?s=20

11月19日午後11時半頃兵庫県加古郡稲美町の木造2階建て一軒家に火の粉が上がりました。

焼け落ちた家の一階から二つの遺体が発見され、後にこの家に住んでいた小学6年生の兄・松尾侑城くん(12)、小学1年生の弟・眞輝くん(7)だと確認されています。

死因はいずれも煙を吸い込んだことによる急性一酸化炭素中毒だった様です。

火をつけられた時は2人は家の2階で寝ていたとのこと。

こちらの自宅には松尾侑城くん、眞輝くんと父親58歳、母親49歳と事件の犯人叔父の松尾留与の5人が住んでいたとのこと。

同居していたにも関わらず卑劣な犯行です。

火災当時両親は外出中だったようで、息子2人の遺体しか見つからず、松尾留与の消息は不明。

付近の防犯カメラには現場から立ち去る松尾留与容疑者の様な男が写っており、警察は松尾留与の行方を追っていました。

          スポンサードリンク

松尾留与(まつおとめよ)妹夫婦の名前や家の所有権は?

松尾留与(まつおとめよ)妹夫婦の名前についてですが、息子2人の名前は報道されていますが、妹夫婦の名前は公開されていませんでした。

松尾留与(まつおとめよ)はどうやら4兄弟の長男の様で、家は松尾留与と妹の実家だった様です。

実家は両親が亡くなった後は妹一家が住んでおり、松尾留与は土地は相続していた様ですが実家では暮らさず大阪で暮らしていた様です。

しかし数年前にコロナの影響で仕事がなくなってしまったため、実家の妹夫婦と同居生活を始めたそう。

松尾留与はずっと独身で携帯電話も所有しておらず、仕事を辞めてからも体調がすぐれなかった様子。

妹家族とはほとんど顔も合わせなかった様です。

妹には「働きたくない。生活保護を受けたい」と言っていた様ですがそのためには財産を放棄したり身内から援助を受けられないことを証明しなければなりません。

妹の夫も仕事をしていなかったようで妹が深夜まで働いており、生活はそうとう苦しかった様ですね。

松尾留与(まつおとめよ)容疑者のwiki顔画像

 

 

名前→松尾留与(まつおとめよ)

年齢→51歳

職業→無職

住所→兵庫県稲美町岡

同居家族→妹夫婦、松尾侑城くん(小6)、松尾眞輝くん(小1)

松尾留与のSNSアカウントも調べましたがフェイスブック、Twitter、インスタグラム全て見つかりませんでした。

携帯電話を所有してなかったとのことなので、SNSは利用していなかったと考えられます。

          スポンサードリンク

尾留与(まつおとめよ)ネットの声

 

https://twitter.com/Cyobinosuke/status/1464234939759869957?s=20

 

(Visited 25 times, 1 visits today)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)