小口直斗の顔画像やFacebook・インスタなどのSNS、共犯者の名前を特定?

スポンサードリンク

2022年12月7日、中学生同士のトラブルに加担して中学2年生の男子生徒に重傷を負わせたとして、小口直斗(25)をはじめとする住吉会系組員11人が逮捕されました。

主犯格とされるのは女子中学生(15)ですが、多くの報道では成年の主犯格として小口直斗の名前が大々的に取り上げられています。

では、小口直斗とは一体どういう人物なのでしょうか。

今回の記事では、小口直斗の共犯者11人の名前や犯行動機、トラブルになった中学生のSNS、小口直斗のFacebookやインスタなどを詳しく紹介します。

小口直斗の共犯者11人の名前は?

まずは、小口直斗の共犯者11人の名前を見ていきたいのですが、実は具体的な実名が公表されているのは小口直斗だけになります。

以下は、小口直斗のprofileです。

名前:小口直斗(こぐちなおと)

年齢:25歳(2022年現在)

住所:埼玉県新座市栄4丁目

所属:指定暴力団住吉会系傘下組織の組員

 

小口直斗らの罪状は、あまり聞きなれない「生命身体加害略取」と呼ばれるもの。

一般的に、1年以上10年以下の懲役刑になるようです。

ちなみに、小口直斗と一緒に逮捕されたのは、以下のような人物になります。

  • 20代の男性3人
  • 15~18歳の中高生男女8人

15~18歳の中高生男女8人に関しては、未成年ということで実名報道がされないのは不思議ではありません。

しかし、20代の男性3人に関しては、小口直斗のように実名で報道して欲しいですよね。

実名で報じられてしまう人とそうでない人の差が気になります。

スポンサードリンク

小口直斗の犯行動機がやばい

続いて、小口直斗の犯行動機を紹介します。

この記事を読んでいて、そもそも25歳の男性が中学生のイジメ問題に加担する理由が良く分かりませんよね。

今回の事件の発端は、中学2年生の男子生徒が中学3年生の女子生徒に対して、SNS上で以下のような発言をしたことです。

  • かわいいね
  • 俺は埼玉で有名なヤンキーだ

普通は、こういった内容のメッセージが来ればそのままスルーする方が多いでしょう。

しかし、中学3年生の女子生徒はこのメッセージを挑発だと感じ、中学2年生の男子生徒に以下のように返信をしたのです。

私のほうが有名

このことで、「どちらが埼玉で一番有名なヤンキーなのか争い」が勃発。

お互いの知人を交えて10人ほどで話し合ったらしいのですが、中学3年生の女子生徒が小口直斗に連絡。

その後、中学2年生の男子生徒に対する集団リンチに発展したとされています。

25歳の小口直斗は、14歳の中学2年生の男子生徒を車で約4時間に渡って監禁し、鉄パイプで殴るなどの暴行を加えて肋骨を折るなどの大けがを負わせたのだとか。

とても残虐ですよね。

小口直斗の犯行動機については不明ですが、中学2年生の男子生徒を殺す勢いの大けがを負わせたことから、中学2年生の男子生徒に対して相当な恨みを抱えていたことが推測できます。

小口直斗が中学3年生の女子生徒の肩を持ったのは、中学3年生の女子生徒に頼られたからと見て間違いはないでしょう。

とても厳しい縦社会の組員ですから、自分に頼ってきた中学3年生の女子生徒が負けるなんてことは許せなかったのでしょうね。

小口直斗とトラブルになった中学生のSNSは?

続いて、小口直斗とトラブルになった中学生のSNSですが、残念ながら特定には至っていないようです。

未成年である中学生のSNSということもあり、今後も公になることはないでしょう。

しかし、SNSで挑発をしてしまったばかりに今回のような事件に巻き込まれてしまったので、中学2年生の男子生徒は今後SNSとは無縁の生活を送ることは間違いありません。

スポンサードリンク

小口直斗のFacebook・インスタなどのSNSは?

最後に、小口直斗のFacebookやインスタなどのSNSを紹介します。

小口直斗は、Facebookやインスタのアカウントを見つけることはできませんでした。

しかし、ツイプロと呼ばれるSNS(?)のアカウントは所有しているようで、アカウント名は以下の通りです。

https://twpro.jp/0w8x8w0

2022年12月9日現在の投稿数が201ということなので、小口直斗は比較的コンスタントにつぶやきなどを投稿していたことが分かります。

スポンサードリンク

まとめ

今回の記事では、中学2年生の男子生徒に重傷を負わせたとして逮捕された小口直斗について見てきました。

事件についても少し解説しましたが、25歳の小口直斗が中学生のイザコザに加担する理由がイマイチよくわかりませんでしたね。

指定暴力団住吉組の傘下の組織員ということで、恐らく頼ってきた人には優しいのでしょうね。

なんとも後味の悪い事件だと思います。

きちんと罪を償ってほしいですね。

(Visited 1,545 times, 1 visits today)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA