アンミカはなぜ人気?なんの人で日本人ではなかった!壮絶な生い立ちとは

スポンサードリンク

妙に説得力のある饒舌な喋りをするアンミカ。

突如テレビに登場し、今はテレビで頻繁に見るようになったアンミカですが、一体なぜ人気なのでしょうか。

今回の記事では、アンミカが人気な理由、日本人ではない噂や壮絶な生い立ちを紹介します。

アンミカはなぜ人気?なんの人?

テレビで頻繁に見かけるアンミカ。

目鼻立ちが超ハッキリした長身の女性ですが、正直言ってなぜ人気なのか気になりますよね。

アンミカが人気なのは、以下のような理由があるとされています。

  • 抜群のトーク力があるから
  • パリコレモデルを経験したスタイルの持ち主だから
  • 業界の人の受けが良いから

それぞれどういうことが、順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク

トーク力

アンミカは、抜群のトーク力があります。

たとえば、2021年夏に放送された「人志松本の酒のツマミになる話」で以下のように発言し、話題になったこともありました。

白って200色あんねん

これは、番組中「鼻につかない程度の自慢話」をテーマにトークが繰り広げられた際に出てきた話なのですが、アンミカは以下のように発言。

  • ホンマはものすごいキツいこと言ってるように見えんねやろうけど、物事を悪く言うの苦手やねん
  • ちっちゃい物のいいところを、コップ1個でも、タオル1個でも、探すのが好き

この話の流れで、手元に合ったお手拭きを手に取り「白って200色あんねん」と発言し、松本人志などを笑わせたのです。

しかも、そのトーク力が妙に説得力があり、出演者のみならず視聴者までもを魅了。

お酒を飲みつつ安定のトーク力を見せつけたアンミカに対し、ネット上では「トーク力抜群すぎておもしろい!」とアンミカを賞賛する意見が相次ぎました。

パリコレモデル経験のあるスタイル

アンミカは、パリコレモデルの経験があるためスタイル抜群です。

以下は、アンミカのパリコレモデル時代の写真になります。

スタイル抜群すぎて、キラッキラ輝いていますよね!

ただ、アンミカはパリコレに簡単に出演できたわけではなく、下積み時代が長かったことでも有名です。

パリコレに出演したかったアンミカは、大阪御堂筋にあった有名な美容院に足を運んで、片っ端から「パリコレ行ったことありません?」と聞いて回ったのだとか。

そして、繋がりが繋がりを生んでフランスへ。

フランス・パリの地でも自ら営業をかけてオーディションにこぎつけたのですが、数多くある事務所の中で、アンミカのオーディションを買って出てくれたのは3社のみだったのだとか。

そして、アンミカはやっと受けられたオーディションに白い服を着て行ったのですが、そこで以下のように言われたのだとか。

白って世の中200色あるのに、あなたは自分に一番似合わない白を選んでいる。日本で自分に似合う色、形、骨を徹底的に調べて似合うと好きを近づけてもう1回チャレンジしなさい

この時点で、パリコレに出演するだけの才能はあったということですが、アンミカは素直に日本に帰国し、努力を重ねて再びパリコレにチャレンジし、夢を掴み取っています。

このように、自らの力でパリコレに出演したアンミカだからこそ、多くのファンを得ているのかもしれませんね。

ちなみに、先ほどの「白って200色あんねん」という話の大元は、パリコレのオーディションだったのですね!

なんだか奥が深いです!

スポンサードリンク

業界の人の受けが良い

業界の人の受けが良いのも、アンミカが人気な理由です。

そもそも芸能界は人気職。

だからこそ、視聴者はもちろんですが、業界の人の受けが良くなければ、あんなにもテレビ出演はできないと思われます。

業界の人にも丁寧で優しい対応をしているからこそ、多くの人に「アンミカを使おう!」と思ってもらえ、だからこそテレビ出演も多いのでしょうね。

アンミカは日本人ではなかった!韓国人の韓国籍?

続いて、アンミカは日本人ではないのかについて見ていきましょう。

結論からいうと、アンミカは純粋な日本人ではありません。

顔からして、何となくわかるので「やっぱり!」という感じでしょうか。

具体的には、両親が共に韓国人なので韓国人です。

日本に帰化したという情報もないので、国籍も韓国だといわれています。

ただ、具体的には次章で紹介しますが、アンミカは4歳の時に家族で日本に移住し、そこから日本で暮らしています。

したがって、母国語である韓国語を忘れかけているのだとか!

国籍を見ると韓国人になりますが、もう日本人とみても問題ないですね!

スポンサードリンク

アンミカの壮絶な生い立ちとは

最後に、アンミカの壮絶な生い立ちを紹介します。

アンミカは、韓国の済州島生まれで、両親と年子の5人兄弟の7人家族として育ちました。

7人家族にも関わらず両親が仕事に恵まれなかったことから、アンミカが4歳の時(1975年)にブローカーの用意した小船に乗って日本海を渡り、密入国をした経緯があります。

そして、日本で最も在日韓国人が多いとされる大阪府生野区のコリアンタウンに住むことになりました。

父親は雪駄工場で働き、そこのぼろ長屋の2階に家族7人で暮らしていたというアンミカ。

冷暖房が完備されていなかったため夏は暑くて冬は寒く、冬は新聞紙にくるまって寝ていたのだとか。

そんな壮絶な暮らしを断ち切ろうと、アンミカは小学校から高校まで新聞配達のアルバイトをしていました。

しかし、生活は苦しいままで、主食はすいとん汁お菓子は近所の青果市場のゴミ箱から拾ってきた果物だったといいます。

頂き物のスイカは、砂糖を振って種まで残さず食べてたのだとか!

壮絶な過去の話はもっとあり、兄弟喧嘩でアンミカの鼻の骨が折れたことがあったのですが、病院に行くお金がなかったので割りばしを鼻の穴に突っ込んで鼻の骨折を治したという武勇伝もあります。

さらに、実家が二度火事に遭うという災難にも見舞われたアンミカ。

かなり壮絶な過去ですよね。

スポンサードリンク

まとめ

今回の記事では、アンミカが人気な理由、アンミカの国籍、アンミカの壮絶な過去を紹介しました。

アンミカの美しさはものすごい迫力がありますが、パリコレ出身だと聞くと納得ですよね!

両親が韓国人でアンミカも韓国人、国籍も韓国ですが、日本歴のほうが長いため、生粋の日本人のようなアンミカ。

様々な苦労があったかと思いますが、芸能界で成功して、今が一番楽しい時なのではないでしょうか。

これからもアンミカのことを応援していきましょう!

(Visited 626 times, 1 visits today)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA