舞茸(マイタケ)のガンの抑制や健康効果や効能は?栄養豊富で美容効果や抗エイズも⁇奇跡の食材!

313日放送の梅沢富美男のズバット聞きます!では[日常に潜む顔予兆医師がすすめる食事検証SP]舞茸(マイタケ)の効果効能が紹介されるそうですね。

 

まいたけをたった1週間で中性脂肪が改善と書いてありますが

 

その驚きのまいたけの効果や効果的な食べ方についてや

舞茸の賞味期限保存方法

まいたけはダイエットにもよい?

まいたけはガン予防に効果的なのか?

1日にどれぐらい摂取すれば良いのか?またお勧めの食べ方は?

など今回は調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

舞茸(まいたけ)の栄養や効果効能とは?

出典:https://kf-myway-inqc.net/archives/4455

キノコと言えばしめじ椎茸エリンギ舞茸と様々な種類がありますが、今回は舞茸に注目しているようですね。

 

まいたけは1011月が旬と言われているようです。

 

きのこに共通していますがまいたけは低カロリーで便秘に効果的です。

 

そしてガンの抑制効果があると言うことなのですが、

 

わりとすぐ腐ってしまう印象があるのですが、保存方法なども気になりますね。

 

あと様々な料理に使えますが、調理方法なども気になりますね。

 

冷凍や加熱をしても栄養素や効能に効果は無いのでしょうか?

 

舞茸の賞味期限保存方法は?

出典:https://pacoma.jp/48973

先程言ったみたいにまいたけってあんまり日持ちがしないイメージです。

 

私もまいたけってすぐ安くてよく購入するんですが、

 

使い切れずに置いておくと干からびてしまっていたり腐ってすぐ白いカビが生えてしまったりとすぐ使わないとすぐダメになってしまうイメージがあります(^_^;)

 

キノコ類に賞味期限の記載は無いのですが、どれぐらいに使い切るのが理想的なのでしょうか?

 

まいたけは野菜や果物と同様生鮮食品に分類されるのでやはり早めに食べたほうがいいようですね。

 

そこで主婦の友達に相談したところ「冷凍保存がオススメだよ(^ ^)」と提案してくれました。

 

まいたけって結構安売りをしていてまとめ買いしてしまいがちなんですよね。

 

でも結構お腹にたまるし使い切れないことが多いです。

 

一般的に冷蔵保存する方が多いと思いますが、

 

食べやすい大きさに切ってジップロックに保存し冷凍すると、

 

結構日持ちするし使いたい時にすぐ使えるのでオススメです!

 

しかもまいたけに含まれるうまみ成分は生の舞茸には含まれないそうで、

 

冷凍することによりまいたけの細胞膜が壊れて生のまいたけの時には出ないうまみ成分ができるそうなので、

 

冷凍した方が舞茸の旨味をより感じれるそうですね。

スポンサードリンク

まいたけはダイエットにもよい?

出典:https://dietsoul.jp/caloriemate-diet/

まいたけはキノコ類で低カロリーなのでダイエットに効果があると言われています。

 

まいたけのカロリーは100グラム当たり15キロカロリーで、

 

とても低く食物繊維も豊富なので、便通も良くなり毎日取り入れるのもオススメな食材です。

 

ただあまり大量に摂取すると不溶性食物繊維が豊富なのでお腹が痛くなることもあるので適度な量を摂取することをお勧めします。

スポンサードリンク

まいたけはガン予防に効果的なのか?

番組でも紹介されているまいたけのガンに対する効果なのですが、

 

まずまいたけの栄養素について調べてみました。

 

まいたけには様々な栄養があるのですが、

 

カリウム、ビタミンD、ナイアシン、亜鉛、食物繊維、多糖類などが含まれます。

 

その栄養素により免疫力を向上したり骨や歯を丈夫にしたり血液サラサラ効果があったり美肌効果があったり、と様々ですが

 

中でも多糖類が持つ抗ガン作用のΒグルカンが大変注目されているようですね。

 

まいたけに含まれるβグルカンは体内に入ると血液中に溶け込み、体内の免疫力を強化してくれる効果があり、顔を抑制してくれる効果があるそうです。

 

特にまいたけに含まれるベータグルカン(MD-フラクション)は効果が高く抗がん剤の治療の際にまいたけを併用するとより効果を発揮させてくれるそうですし、抗がん剤の副作用も減らすことができるそうですね。

 

さらに抗エイズ作用もあると注目されているそうで、アメリカでは既に患者への臨床試験が行われているそうです。

 

まさに奇跡の食材です!!

スポンサードリンク

1日にどれぐらい摂取すれば良いのか?またお勧めの食べ方は?

引用:https://www.bh-recipe.jp/recipe/199810321.html

先ほど説明したようにまいたけは摂りすぎるとお腹を壊してしまったりする恐れがあるそうなので、取りすぎは禁物です。

 

理想としては通常販売しているまいたけ2/1パックくらいが理想ですね。

 

さらに注意点としては水洗いするとまいたけの栄養素が流れてしまうので、なるべく水洗いはしない方が良いようです。

 

まいたけは長時間加熱することで、風味や歯ごたえが失われてしまうのでできるだけ短時間で調理した方がお勧めです。

 

まいたけに含まれる栄養素は水溶性のものが多く、先程言ったように水分に溶け出してしまうので汁まで食べられるスープや味噌汁またなるべく汁が出ない料理にするのがオススメですね。

 

まいたけに含まれるうまみ成分グアニル酸は70度での加熱を続けることで増えるので、

 

なるべく低温調理で加熱がオススメです。

 

逆に100度を超える加熱はまいたけの香りも旨味も破壊されてしまうので、

 

そう考えると知るものに入れたりするのが1番オススメなのかと思います。

 

例えばフライパンで加熱すると100度を超えてしまいやすいですが、

 

汁物だと100度を超えることがありませんからね。

スポンサードリンク

まとめ

今回はまいたけの効果効能について調べてみました。

 

顔の抑制効果があると言うことで今までまいたけを甘く見ていましたが、

 

調べてみると数々の栄養効果があり、

 

がん抑制効果以外にも美容やダイエットにも効果があるようですし、

 

価格も安いので、積極的に毎日の食事に取り入れていきたいですね。

 

私はすぐ腐ってしまったり日持ちをしないのがすごくネックだったのですが、

 

今回調べてみてやはり冷凍保存と言うのはまいたけのおいしさを最大限に発揮できるし、

 

生で食べるよりも美味しく食べれるそうですし、そうすると毎日の食事にも取り入れやすいのかなと思ったので、

 

積極的にとりいれていきたいかと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です