愛敬重之(陸上)の今現在や父親,息子や妻・子供は?経歴や障害でオリンピック不出場の理由は?(消えた天才)

愛敬重之(あいきょうしげゆき)が消えた天才に出演されます。青学の原晋監督が最も衝撃を受けた天才ランナーとして紹介されました。

 

愛敬重之は、家族3代(父親・息子)で陸上選手なんです!

 

過去には、オリンピックも目指せるほどのランナーで日本記録の持ち主でしたが五輪出場は叶うことなく、今現在は結婚し妻と子供もいらっしゃり、三重県桑名市の市議会議員をされていますね。

 

今回は、 

・愛敬重之の年齢やプロフィール

・愛敬重之の成績や経歴

・愛敬重之の現在・年収

・愛敬重之の家族(父親・息子・嫁)

・愛敬重之がオリンピックに出場しなかった理由について、調べてみました!

スポンサードリンク

消えた天才の内容は?

36年間破られていない不滅の日本記録を持つ伝説のランナーだったが、五輪に出場することなく陸上界から姿を消した。

 

そこには親子3代に渡る知られざる感動のドラマが

 

と、意味深なことが予告には書いてありました。

 

愛敬親子にとって何が起きたんでしょうか?今は息子の愛敬彰太郎が父親の意志を継ぎがんばってオリンピックを目指しているそうですね!!

スポンサードリンク

愛敬重之(あいきょうしげゆき)のプロフィールや高校大学は?

引用:http://www.aikyo-kuwana.net/promise/

名前:愛敬重之(あいきょうしげゆき)

生年月日:1964 129

出身地:三重県桑名市

 

2019年現在54歳です!

 

出身高校は、三重県四日市工業高等学校

 

愛敬重之さんは、高校生の時からかなり活躍していますが、3年生になるまでは貧血に悩まされていたそうです。

 

貧血になりやすいのはランナーとしては致命的ですね。

 

元々、鉄分が不足していたのでしょうか?

 

やはり走る時は酸素を効率よく運ぶためヘモグロビンを生成するために鉄分は必要ですからね。

 

愛敬重之さんはどうにか対処法を見つけたのか、3年生から本格的に競技に復帰しました。

 

出身大学は中京大学ですね!

 

ここでも4年間陸上部で活動し、今でも破られていない日本記録というのはこの時に出された記録のことみたいですね。

 

体の不調とちゃんと向き合い、ここまでの記録をだしたのはすごいですよね!

 

貧血で体がしんどくなると思ったら走るのを普通の人だったらそれを理由にしてやめてしまいそうですものね。

 

陸上競技部で4年間活動し、就職先に選んだのはNTN株式会社でした。

 

ここは陸上強豪チームですもんね!箱根駅伝でも素晴らしい走りをしていますね。

 

このNTN株式会社では、選手として入ったのちに監督としても活動しています。

 

2010 11月 桑名市議会議員選挙にて当選し、現在も桑名市の市議会議員として活動されています。

 

輝かしい経歴ですよね。

スポンサードリンク

愛敬重之の(障害)陸上ランナーの経歴・成績がスゴイ!

幼少期から足は速かったと思いますが、貧血症状のために高校生のころは思うように走ることができなかったという壁にぶち当たりますが、3年生になり改善し、そこから一気に素晴らしい成績を残していきます!

 

その成績がこちら!

 

・全国高等学校総合体育大会(神奈川県)1500m障害優勝

・国民体育大会(滋賀県)5000m2位(全国高校記録)

 

中京大学時代にも、

1983年を中心に素晴らしい成績を残しています!!

 

・第1回世界選手権フィンランド大会3000m障害ジュニア日本記録

83127は今現在も破れていません!)

・ユニバーシアードカナダ大会3000m障害銅メダル

・インターカレッジにて3000m障害優勝

・ユニバーシアード神戸大会(1985年)3000m障害6位入賞

 

ジュニアの障害物走では相当な記録保持期間ですよね!

 

もう誰にも抜かせないのではないでしょうか?

 

貧血で悩んでいた時期もあった愛敬重之さんですが、最近はサプリメントや治療法や最新のトレーニング法などもあり、

 

ランナーとして力を入れている選手なら抜かせれそうですが、超えている人がいないという事は相当すごい記録なんですよね!!!

スポンサードリンク

NTNという会社について

1986年にNTN株式会社に入社し、選手としても活躍した愛敬重之さんは監督にまでなったそうです。

 

当時の成績は、

・第10回アジア大会(1986年ソウル大会)3000m障害金メダル(大会新記録)

・日本選手権(1986・87年)3000m障害優勝

・ユニバーシアード旧ユーゴ大会(1987年)3000m障害銅メダル

 

現在も駅伝強豪のNTN株式会社ですが、

 

実業団対抗男子駅伝でも区間賞を獲得するなど活躍しています。

 

愛敬重之さんは監督になったのち2004年にNTN陸上競技部を退任して、関連会社であるNTN精密樹脂株式会社に異動しているようです。

 

愛敬重之は今現在、桑名市市議会議員に!

引用:http://www.aikyo-kuwana.net/

201011月に行われた桑名市議会議員選挙では、愛敬重之さんは獲得票数2887票で2位で当選しています!

 

すごく人望もある方なんですね!!

 

現在も走ることは続けていますし、陸上選手だった経歴を前面に押し出して市民の生活に添った議員さんのようですね!

 

市民とのかかわりでランニング教室を開いたり、スポーツや健康増進に力をいれているのうで、やはり陸上選手という事もありそれに基づいた事に力を入れられてるみたいですね。

スポンサードリンク

三重県桑名市の市議会議員報酬、年収は?

愛敬重之さんの現在の収入がきになり調べてみると、

 

桑名市の市議会議員報酬は、2015年の情報では、

 

ボーナスが1628400円・ 年収は7148400でした。

 

この報酬は、全国800の地域の議員報酬ランキングで200位前半でそこまでめちゃくちゃ高い金額ではないようですが、

 

普通に不自由なく暮らせるくらいの収入ですよね!!

愛敬重之の家族(父親・妻・子供)

引用:https://ryo3noheya.com/aikyoshigeyuki_gennzai/

愛敬重之さんは、妻・長女・次女・長男の5人家族だそうです。

 

この長男というのが、愛敬家の陸上センスを引き継ぐ逸材の、愛敬彰太郎さんです。

 

親子3代で国民体育大会優勝を果たしています!やはりお父さんの血を受け継いでますね!

 

長女は世菜さん、次女は麻矢さんで29歳、28歳の年子です。やはり陸上はされていたようです!お父さんの影響ですかね?

 

中学校陸上競技選手権大会で優勝されています!

 

愛敬家の子供たちの進学先は桑名高校です。

 

重之さんの父親の実さんも3000mの選手で、彰太郎選手は400mがメインらしいです。

 

お二人ともNTN株式会社に就職されていますね!

 

奥さんについての情報がなかったんですが、陸上一本だった重之さんですから奥さんも陸上をやっていたりするんでしょうか?

 

息子さんの遺伝子が父親のものだけとは限りませんもんね!

 

子供の運動能力ってお母さんの能力が関係するって聞いたこともありますよ!!

 

それにしても息子も国体で優勝!父親重之さんは泣いてしまうほど感動したということ。

 

素晴らしい息子さん、そして可愛いお嬢さんをお持ちですよね!

スポンサードリンク

愛敬重之がオリンピックに出場しなかった理由

愛敬重之さんは、日本記録を未だ破られていないくらいの実績の持ち主で当時の勢いのままオリンピックに出場したらかなりいい成績が期待できたかと思います。

 

でも、オリンピックに出場することなく陸上界から姿を消した・・・との番組予告ですよね。

 

たしかに、大学や実業団時代にでもオリンピックに出場してもおかしくはないですね、オリンピックに出場することなく陸上界から姿を消した・・・というとまったくいなくなったかと思いましたが、

 

選手としてだけじゃなく監督として陸上界にいたわけですからね、別に消えではいません。笑

 

オリンピックに出場しなかった理由はわかりませんでしたが、

 

貧血持ちだった過去もありますし、

 

何か体のことも関係しているのではないかな?と思いました。

 

消えた天才の放送後にまた追記していきます!

スポンサードリンク

まとめ

消えた天才で青学の原晋監督が衝撃を受けたランナーとして紹介された愛敬重之さんについて調べてみました!

 

愛敬重之さんは今現在も出身の三重県に住み、三重県桑名市の市議会議員として活動されていましたね!

 

過去の成績で素晴らしいのが日本記録がいまだに抜かれていないというのはやはり番組で紹介されるだけありすごい人です!!

 

ここで息子の彰太郎選手が同じ障害物の選手だったら!とも期待してしまいましたが彰太郎選手は400Mがメインとのことで同じ種目で記録を競うことはない様ですね。

 

息子の彰太郎選手が愛敬重之さんの変わりにオリンピック出場を叶えられたらいいのになぁ!

 

彰太郎選手のこれからも楽しみで注目しちゃいますね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です