上田岳弘(芥川賞作家)天才な理由や出身高校や大学は?結婚や妻(嫁)や子供は?経歴やプロフィールも!

上田岳弘さんがニュースZEROに出演してましたね。

 

先日、第160回芥川賞の発表があり、

 

上田岳弘(うえだ たかひろ)さんの「ニムロッド」が選ばれました!

おめでとうございます!

 

上田岳弘さんと言うと、出す作品、出す作品が大きな賞を受賞したり話題になったりする方ですよね!

 

時間や空間を超えたその超絶的な作風も大きな話題になり、「天才作家」とも呼ばれています!

 

今回は、そんな上田岳弘さんの

 

プロフィールや経歴

出身高校と大学について

結婚や妻(嫁)や子供は?

天才と呼ばれる理由

について調べてみたいとおもいます!

スポンサードリンク

上田岳弘の経歴とプロフィール

引用:https://sawasaura.net/2019/01/16/ueda/

上田岳弘さんは1979226日、兵庫県明石市で生まれました。

 

現在39歳です

 

現在、東京都千代田区在住です。

 

上田さんのご両親はもともと淡路島の出身だそうですね。

 

上田さんは4歳か5歳、まだ字も読めない頃から、本を書く人になりたいと思っていたのだそうです!

 

すごいですよね!普通幼稚園の年からそんな夢を志す子供なんてめったにいません!

 

やはりこの頃から天才の素質があったのでしょうね。

 

上田岳弘さんには上に3人兄弟がおられますが、皆読書が好きだったということで、そんな兄弟の姿を見てそう思ったのかも知れないと語っていました。

 

作家になりたいと思いながらも、高校は理系に進まれています。

 

そんな高校1年生の時に、明石市の自宅で阪神・淡路大震災に見舞われてしまいます。

 

その後、どう生きていこうかと思う時には必ず、震災のことを思い出すのだそうですね

 

上田さんの小説の中には、地震で生き埋めになるという場面がよく登場します。

 

高校を卒業すると、東京に出て、早稲田大学の法学部に進学します。

 

作家志望で高校は理系で大学は法学部、、すごい学歴ですね。

 

学ぶ意欲がとてもある方なのでしょう。

 

上田岳弘さんは大学卒業を控えた2001年頃に小説を書き始めました。

 

大学を卒業した後、12年くらいは就職をせずに小説を書いていたそうです。

 

その後、友達に誘われてIT企業の経営に関わるようになります。

 

現在はその会社の役員をしながら執筆活動を続けているそうです。

 

二足のわらじでここまですごい作品をかけるのはすごいですよね!

 

その会社で働く事でたくさんヒントも得られるのでしょうか?

 

上田岳弘さんの作品はどの作品も受賞したりノミネートされたりしていますが

どうやら30歳過ぎてから作品を書き出したようですね。

 

そして、世界最大の文芸誌「グランタ」の日本語版においてBest of Young Japanese Novelists 2016に選出されました。

 

これはすごく名誉なことですね!

 

受賞またはノミネート歴は以下のようになっています。

 

2013年、「太陽」で第45回新潮新人賞受賞。

 

・翌年、同作で第27回三島由紀夫賞候補に。

 

2015年、「惑星」で第152回芥川賞候補に。

 

・同年、「私の恋人」で第28回三島由紀夫賞受賞。

 

この時は第153回芥川賞受賞作である又吉直樹さんの「火花」との決選投票に勝ったということで大きな話題になりました。

 

2016年、「異郷の友人」で第154回芥川賞候補に。同作は第38回野間文芸新人賞候補にも選ばれます。

 

2017年、「塔と重力」で第39回野間文芸新人賞候補に。

 

・翌年、同作で第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。

 

この受賞を記念して、「塔と重力」を原作とする「肉の海」が上演されました。

 

2019年、「ニムロッド」で第160回芥川賞候補に。

 

芥川賞候補に選ばれるのは、これで3回目です。

 

「ニムロッド」は202021日発売予定です。

スポンサードリンク

上田岳弘の出身高校と大学について

引用:https://flowerlove.jp/ueda-takahiro-akutagawasyo-koho

まず、上田岳弘さんの出身高校と大学について見ていきたいと思います!

 

上田岳弘さんの出身高校については、詳しい情報を見つけ出すことはできませんでしたが、出身の兵庫県明石市にある高校だと思われます。

 

高校では理系に進まれたようですね。

 

上田岳弘さんは高校1年生の時に阪神・淡路大震災を経験されます。

 

その時、ご自宅があった兵庫県明石市にいたようで、

 

思春期の上田さんを襲った震災は、その後、上田さんの生き方や作品に大きな影響を与えていきます。

 

やはり当たり前ですが、その後の人生を変えてしまうほどの衝撃をあたえたのですね。

 

その事もあり、117日にニュースゼロに出演されていたようですね。

 

上田岳弘さんの出身大学は早稲田大学です。

 

上田さんは早稲田大学の法学部で学ばれました。

 

東京の大学に行かれたのも、震災の経験と距離を置きたかったのかも知れないと、後に語っておられました。

 

早稲田大学には文学部もあるのに、法学部に行かれるところも視野が広いというか、いろいろなことに興味と学ぶ意欲がある方なのでしょう。

 

早稲田大学出身の小説家には、五木寛之さんや井伏鱒二さん、江戸川乱歩さん、恩田陸さんなど著名な方がいらっしゃいますね!

スポンサードリンク

上田岳弘さんの結婚や妻(嫁)子供は?

引用:https://nikkan-spa.jp/1429124

上田岳弘さんの結婚についての具体的な情報はありませんでしたが、

 

「上田さんは結婚している。」という情報がありました。

 

しかし、それ以上のことは残念ながら分かりませんでした。

 

ニュースやインタビュー記事で拝見する上田岳弘さんの顔写真からはとても優しい雰囲気が漂ってきますし、きっと優しい旦那さんなのではないか?と思います。

 

子供さんがいたりしたらとてもいい影響を与えれるお父さんになるのではないか?と思います。

 

上田岳弘さんの奥様の情報はありませんが、

 

今回見事に芥川賞をとられましたが、きっと奥様がいらっしゃるのであれば奥様の協力のおかげなのだと思います!

スポンサードリンク

天才作家と呼ばれる理由

引用:http://brand.lifecycle.jp/archives/1417

上田岳弘さんは「天才作家」と呼ばれていますが何故天才と呼ばれるのでしょうか?

 

まず上田岳弘さんはデビューして3年程で三島由紀夫賞を受賞します。

 

三島由紀夫賞はとても名誉ある賞で、ベテランの小説家が受賞することもある賞です。

 

上田岳弘さんの今までにない作風と、出す作品がことごとく受賞またはノミネートされるということで、「天才作家」と呼ばれるようになりました!

 

そして、Granta Best of Young Japanese Novelists 2016に選ばれ、その才能は海外でも評価されるようになりました!

 

30歳でデビューし、海外でまで注目されるとは凄すぎますね!

 

まさに「天才作家」です!!

 

しかし、上田岳弘さんが「天才作家」と言われる理由は、それだけでは無いようです。

 

2017年に「キュー」という作品が雑誌「新潮」とヤフー・ジャパンのスマートフォン版で同時連載が開始されました。

 

現在もスマートフォンで無料で読むことができます!

 

これはただの携帯小説ではなく、新しい読書体験ができる斬新なアイデアが盛られているんです!

 

読者一人ひとりに合わせて、挿絵が生成されたり、アンケートに答えたりと、

 

そういう読者参加型の新しい試みは上田岳弘さんの考えなのだそうですね!

 

やはり他とは違うアイデアを出す。

 

このことも上田岳弘さんが「天才作家」と呼ばれる由縁です。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、そんな上田岳弘さんの

プロフィールや経歴

出身高校と大学について

結婚や妻(嫁)や子供は?

天才と呼ばれる理由

について調べてみました!

 

天才作家であり、芥川賞に作家である上田岳弘さん。

 

明石市の自宅で阪神・淡路大震災に見舞われ、

その後、上田さんの生き方や作品に大きな影響を与えていきました。

 

辛い出来事を乗り越え、会社員でありながら芥川賞作家でもある上田岳弘さんはまさに天才でした!

 

今後も上田岳弘さんはテレビやメディアに引っ張りだこでしょうね!

 

ご覧頂きましてありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です