山田アリサ(青ヶ島塩職人)のwikiプロフィールや経歴は?ひんぎゃの塩の購入方法は?【セブンルール】

今回のセブンルールでは青ヶ島で生まれた山田アリサさんが紹介されるようです。

 

もともとは文学座の養成所へ行っており役者を志していたと言う山田アリサ。

 

現在は故郷青ヶ島に戻り塩作りをしているようです。

 

今回は故郷青ヶ島で「ひんぎゃの潮」を制作している

山田アリサのwikiプロフィールや経歴

山田アリサの結婚や旦那や夫や子供は?

山田アリサのひんぎゃの塩とは?

青ヶ島のアクセス方法は?

ひんぎゃの塩の購入方法は?

について調べてみました。

スポンサードリンク

山田アリサのwikiプロフィールや経歴

名前山田アリサ

生年月日1962年?月?日

出身東京都青ヶ島

年齢57

 

お父さんは八丈島出身の人なのだそうです。

 

食べ物はほぼ自給自足で幼い頃は過ごしランプで生活していたそうです。

 

幼い頃からいち早くこの島を出たいと思っていたそうです。

 

山田アリサは青ヶ島と言う娯楽のない土地で暮らす中で島の大人たちが作った芝居に夢中になります。

 

それがきっかけで役者を一時期目指していたようですね。

 

島の中学校を卒業した山田アリサは、

 

横浜の高校に進学します。

 

短大2年生の20歳の時に文学座の養成所や入所します。

 

その後劇作日井上ひさしが立ち上げたこまつ座に入団します。

 

役者を志したのですがなかなか目が出ず両親の介護もあり30代で故郷の青ヶ島に戻ります。

 

故郷の青ヶ島に戻った後は青ヶ島で塩作りに山田アリサ。

 

塩職人になり島の特産品「ひんぎゃの塩」をつくります。

スポンサードリンク

山田アリサの結婚や旦那(夫)や子供は?

 

山田アリサは青ヶ島に戻った後

 

島の男性と結婚し出産、娘1人に恵まれます。

その後結婚した男性とは離婚をしてしまったようです。

 

番組を見ていると塩に情熱を注ぐ強い女性と言うイメージがあります。

 

現在は1人の方が過ごしやすいかもしれませんね。

 

お嬢さんは現在鳥取の大学に通っているそうです。

 

島には高校がなく15歳で子供たちは島を出てそれぞれ学校に通うようで、

 

早いうちから離れ離れになったようですね。

 

そんな娘さんとは頻繁に連絡を取り合っているようです。

スポンサードリンク

ひんぎゃの塩とは?

青ヶ島の地熱蒸気を利用し、作ると言うひんぎゃの塩は、素材の味を引き立てると好評で、

 

数々の東京の一流レストランでも扱われているようですね。

 

島を囲っている黒潮をつかい、ミネラル豊富な海水を材料にした大粒の塩で、

 

高温多湿の窯場で火山地熱を使って時間をかけて作られているようです。

スポンサードリンク

ひんぎゃの塩が作られる青ヶ島へのアクセス方法は?

青ヶ島は「君の名は」の三葉が住んでいた村のモデルにもなっていた三枝カンデラ地形なのだそうです。

 

日本で1番人口が少ない匹でもあります。

 

島の中には住所は存在しないようです。

 

そんな青ヶ島会は八丈島経由の飛行機やヘリもしくは八丈島経由のフェリーでアクセスができるようです。

 

東京から、八丈島まではフェリーで11時間もかかります。

 

そして八丈島から青ヶ島までは2時間半なのだそうです。

 

飛行機と減りだと羽田空港から八丈島まで50分。

 

そして八丈島からヘリで20分はかかるそうです。

 

フェリーに関しては運休することも多々あるそうで便数も少ないとのことです。

スポンサードリンク

ひんぎゃの塩が大人気!購入方法は?

ひんぎゃの塩は、テレビで放送された影響もあり品薄で発送までかなり時間がかかるようです。

 

 

 

しかしひんぎゃの塩を使った加工品も販売されているようなので、

 

まずそちらから購入しひんぎゃの塩がどんなものか体験するのも良いかもしれませんね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひんぎゃの塩ラーメン
価格:259円(税込、送料別) (2019/8/6時点)

楽天で購入

 

 

 

 

まとめ

今回は、山田アリサのwikiプロフィールや経歴

 

山田アリサの結婚や旦那や夫や子供は?

 

山田アリサのひんぎゃの塩とは?

 

青ヶ島のアクセス方法は?

 

ひんぎゃの塩の購入方法は?

 

について調べてみました。

 

塩に情熱を注ぐ山田アリサ。

 

30代から青ヶ島に戻りひんぎゃの塩を作り出しました。

 

男性でも1日で止めると言うほど過酷な塩作りの仕事を毎日こなし、

 

東京の一流レストランでも取り扱われるようなブランド塩を作りだした山田アリサは

 

素晴らしい職人ですね。

 

ひんぎゃの塩はなかなか現在は取り寄せできない状況みたいですがいちどは食べてみたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です