市川猿之助遺書の内容や知人『M』とは石橋正高でジェシーとの関係は?

スポンサードリンク

市川猿之助が自殺未遂を図った事件は、世間を衝撃の渦に包んでいますよね。

同居していた両親(父親・四代目 市川段四郎と母親・喜熨斗延子)は既に死亡が確認されており、市川猿之助だけ一命を取り留めました。

そんな中、市川猿之助の遺書の内容が話題となっています。

市川猿之助は、一体どのような遺書を残していたのでしょうか。

今回の記事では、市川猿之助の遺書の内容、知人「M」とは石橋正高なのか、ジェシーとの関係性についても解説します。

市川猿之助遺書の内容は?

まずは、市川猿之助の遺書の内容について紹介します。

市川猿之助の遺書の内容に関しては、同事件の捜査関係者が以下のようにコメントしています。

〝先立つ不孝をお許しください〟というような内容とともに、「愛するM大好き。次の世で会おうね」と書かれていた

遺書に記されるほどの人物なのですから、知人Mは市川猿之助に相当信頼されている人物であることがわかりますね。

しかも、

遺産はMに相続させてやってほしい

という趣旨の内容も記載されていたのだとか。

相当あるであろう遺産を相続させてあげてほしいと言うくらいなのですから、やはり市川猿之助は知人Mのことを相当信頼していたのでしょう。

スポンサードリンク

市川猿之助知人『M』とは石橋正高?

続いて、市川猿之助の知人「M」とは石橋正高なのかについて紹介します。

先ほどの遺書の内容を見るとわかる通り、市川猿之助は知人Mのことを相当慕っていました。

ともなれば「知人Mって誰なの?」という部分が気になりますよね。

ネット上では、知人Mが誰なのかについて既に情報が出回っており、一部では「市川猿之助のマネージャーを務めている石橋正高では?」と言われています。

石橋正高はこちら!

普通に、どこにでも居そうな男性であることがわかりますね。

ちなみに、石橋正高は以下のような人物だということです。

  • 市川猿之助のマネージャー兼俳優
  • 石橋正次の息子
  • 小柳ルミ子の元婚約者

なかなかな肩書きであることがわかりますね!

この石橋正高は同事件の第一発見者で、警察や救急車を呼んだ人物でもあります。

集英社オンラインによると、

事件当日に現場から119番通報したマネージャーというのはこの俳優のことと思われ、救急車で段四郎さん(市川猿之助の父親)らが搬送された後に現場で泣き崩れていたのを報道陣にも目撃されています

ということです。

市川猿之助と石橋正高は俳優として共演経験があり、公私ともに親しかったといわれています。

現に、石橋正高のInstagramには、以下のように頻繁に市川猿之助が登場していました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

石橋 正高(@masataka._.ishibashi)がシェアした投稿

2人でジャニーズ「SixTONES」のライブにも行ったというから、驚きですよね。

石橋正高(まさたか)のイニシャルは「M」ですし、市川猿之助が書いた遺書のイニシャル「M」とも合致するので、遺書に記載されていた知人Mは石橋正高といわれるのも納得です。

もし仮に、市川猿之助のいう知人Mが石橋正高だったら、事件の第一発見者ということで、石橋正高の精神的なケアも必要になるでしょう。

市川猿之助知人『M』とはジェシー?

市川猿之助の遺書に記載されていた「知人M」の正体は、前章で紹介したマネージャー兼俳優の石橋正高でほぼ確定といわれています。

ただ、ジャニーズ「SixTONES」のメンバー・ジェシーではないか?という噂もあったのです。

市川猿之助とジェシーは、金曜日のナイトドラマ「最初はパー」で共演して意気投合。

最近では、年末年始を一緒に過ごしたり、市川猿之助がジェシーの両親と対面したり、まさに家族ぐるみの仲だったといいます。

ちなみに、アメリカ人の父親と日本人の母親の元に生まれたジェシーの本名はこちら!

ルイス・まさや・ジェシー

つまり、市川猿之助の遺書にあった「知人M」のイニシャルが入っているのです!

ただ、市川猿之助とジェシーは本当に仲が良かったですが、遺書に「遺産はMに」と書かれるほどではありません。

したがって、遺書に記されていた「知人M」は、前章で紹介した石橋正高だといわれているのです。

スポンサードリンク

まとめ

今回の記事では、市川猿之助の遺書に記載されていた「知人M」は誰なのかについて紹介しました。

紹介した通り「知人M」は、マネージャーとして活躍していた石橋正高でほぼ確定であることがわかりましたね。

ジェシーという噂もありましたが、すべての遺産を渡すほどの関係性ではなかったということです。

一命を取り留め、色々と事情聴取されている市川猿之助ですが、嘘偽りなく、しっかり事の真相を警察に伝えてほしいですね。

そして、今回の事件で天国へ旅立った父親・四代目 市川段四郎と母親・喜熨斗延子のご冥福をお祈りします。

(Visited 102 times, 1 visits today)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA