さくらももこさんの死因は乳がん!本当の家族構成とさくら友蔵の真実!結婚相手は?離婚もしていて子供が二人?

こんにちは!!momoです!

 

ちびまるこちゃんの作者・さくらももこさんが8月15日午後8時29分、乳がんのためお亡くなりになりました。

 

 

さくらプロダクションが公式サイトで

「さくらももこは、平成30815日午後829分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53

これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。

さくらは1984年に漫画家としてデビュー。30周年を迎えた際、次のような言葉があります。

30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)

作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。

これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです。

なお、通夜・告別式は、ご遺族の意向により親族・近親者のみにより執り行われました。

さくらプロダクションスタッフ一同

 

平成30827日」と報告した。

 

引用:http://sakuraproduction.jp/

 

告別式は家族の意向により

親族・近親者のみにより行われたといいます。

 

子供の頃から日曜日の夕方の番組でおなじみのちびまるこちゃんの作者さくらももこさん

ちびまるこちゃんは日本の代表的なアニメですよね。

 

今日はさくらももこさんについて書いていきたいと思います。

 

 

さくらももこさんとは?

引用:https://hapiee.com/sakura-momoko

本名  三浦 美紀 (みうら みき)

誕生日 1965年5月8日

出身 日本 静岡県静岡市清水区(旧 清水市)

死没 2018年8月15日(53歳没)

職業  漫画家 エッセイスト 作詞家

ジャンル 少女漫画 青年漫画 自動漫画

代表作 ちびまるこちゃん コジコジ

受賞 1989年 第13回 講談社漫画賞少女部門

(ちびまるこちゃん)

 

1990年 第32回日本レコード大賞

(おどるポンポコリン)作詞

 

さくらももこさんっておどるぽんぽこりんの作詞もしてたですね!知らなかった!

 

アニメも流行ってさらに自分の作詞した曲も流行るとは相当な才能ですね!

 

 

主題歌には数々の著名人が出演

 

西城秀樹

引用:https://matomedane.jp/page/8273/t_image/185314/2

 

おどるポンポコリンがヒットした後この後1991年に主題歌第2弾で西城秀樹さんが歌った「走れ正直者」もさくらももこさんが作詞しヒットしたみたいですね。

 

 

 

桑田佳祐

引用:http://chibimaru.tv/news/entry/2018/005667.html

 

ちびまるこちゃんのエンディングテーマ「100万年の幸せ」を桑田佳祐さんが2012年の4月から約5年以上に渡って担当していましたが2017年10月1日には桑田佳祐さんがアニメキャラとして登場する1時間スペシャルが放送されました。

 

puffy

引用:https://www.oricon.co.jp/news/2098293/photo/1/

 

 

2017年10月8日からディングテーマが5年半ぶりに変わり

「すすめのナンセンス」をpuffyが担当することになった。

 

作曲は織田哲郎氏が担当しており、タイトル通りナンセンスでコミカルな世界観をpuffy

が歌う。

 

 

ゴールデンボンバー

引用:http://chibimaru.tv/news/entry/2016/002774.html

 

2016年4月10日の放送回よりゴールデンボンバーがオープニング主題歌おどるポンポコリンを歌った。

 

またちびまる子ちゃんのアニメにスペシャルゲストとしても出演している。

 

 

 

豪華メンバーでしかもすごい作詞の才能です!!

 

さくらももこさんの家族にまつわるエピソード

 

 

引用:https://hapiee.com/sakura-momoko/2

 

自身の少女時代を題材とし、ちびまるこちゃんこ書き上げたさくらももこさん。

 

しかし、漫画と家族は少し内容が異なっていたらしいです。

 

さくらひろし()

 

実際は八百屋の店主だったらしい。

実際の性格は原作通り楽天家の口下手でちょっとだらしない憎めないキャラクターに近いらしいです。

 

さくらすみれ()

ひろしのことは友人に紹介され出会ったらしい。

最初はひろしのことはあまり好きではなかったが

犬のフンを踏んでしまった時、ひろしが靴を拭いてくれてひろしに惚れ、結婚に至ったらしいです。

人生なにが起こるかわかりませんね。

性格はアニメで書かれている通りらしいです。

 

さくらさきこ()

一時期は保育士として働いていたが、スクーターで事故をして怪我をした事から退職したらしい。

ゲームボーイアドバンスソフト「さくらももこのうきうきカーニバル」で企画原案 シナリオを担当し、姉妹コラボした。

 

さくらこたけ(祖母)

実際の祖母はアニメの描写とは違い、あまり性格がよくなく、作者本人もあまり好きではなかったようです。

 

理想のおじいちゃんさくら友蔵(祖父)

名前も同じで作者の祖父が実際のモデルになっているらしいが実際はアニメの性格とは違い、

「性格は正反対。意地悪で冷たく、1番嫌っていた」とコメントしている。

作品では理想のおじいちゃんを描いたものであるらしいです。

 

さくらももこの結婚相手は?離婚した?再婚相手は?

 

さくらももこさんは1989(当時25)の時、

漫画雑誌りぼんの編集者の「宮永正隆」さんと結婚しました。

漫画、アニメ、作詞もヒットし、順風満帆かと思われていましたが、

1998年にさくらももこさんは、宮永正隆さんとの離婚を発表。

離婚の理由は亭主関白な宮永正隆さんとの結婚生活に耐えかねた事や女性関係がひどかった事があったと言われています。

バリバリ働く女性さくらももこさんに亭主関白の旦那さんはなかなか辛かったと思います。

しかし、2003年さくらももこさんはイラストレーターの「うんのさしみ」さんと再婚しました。

夫婦関係は続いていたようです。

引用:https://cinematiclife.net/sakuramomoko-danna/

 

 

芸名 うんのさしみ

本名 非公開

出身地 非公開

生年月日 1969年1月17日

職業 イラストレーター

漫画家 イラストレーター 共通点もあるような仕事をしてるお2人はお互いの気持ちも分かり合えてよい夫婦だったんでしょうね。

 

うんのさしみさんの代表作

引用:https://ddnavi.com/book/4198615799/

 

「アミが来た」エンリケ・バリオス原作(さくらももこ訳)徳間書店 2002年。

さくらももこの息子は?

 

1994年長男が誕生しています。

 

2002年息子さんのペンネームを「さくらめろん」と公表。

本名は陽一郎のようです。

親子共作で絵本も出版されています。

引用:https://www.amazon.co.jp/おばけの手-さくら-ももこ/dp/4344002539

 

 

 

めろんというペンネームはめろんが大好きだからつけたペンネームだそう。

噂によるともう1人息子さんがいる様です。2番目の息子さんはゆうひくんというらしく、2004年生まれなので現在は14歳!若いですね!

 

 

 

まとめ

 

長年親しんできたちびまるこちゃんの作者さくらももこさん。

日本の代表するアニメの原作者として

多くの人々に夢や笑顔を与えました。

私の子供時代もちびまるこちゃんをみるのが楽しみで家に帰っていたほどですからね。

さくらももこさんがお亡くなりになってもさくらももこさんの作品は語り継がれるでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です