ダルビッシュ有の子供は何人?名前・性別・聖子との息子・娘また増えた!!

スポンサードリンク

野球を知らない人でも必ず知っているであろう「ダルビッシュ有」。

日本ハムファイターズに入団し、2012年からはメジャーリーグで活躍しています。

一流の野球選手として有名ですが、私生活では離婚歴があり、子供の数が非常に多いということでも話題になっている人物です。

今回の記事では、ダルビッシュ有と元嫁・紗栄子との結婚や離婚理由、今嫁の山本聖子との馴れ初め、各嫁との子供の数について紹介します。

ダルビッシュ有の結婚・離婚・再婚

ダルビッシュ有いえば、元嫁はタレント・紗栄子今嫁はダルビッシュ聖子(旧・山本聖子)として有名ですよね。

紗栄子と結婚した時は「美男美女夫婦」として話題になりましたし、今嫁のダルビッシュ聖子とは「いつまで経ってもラブラブ夫婦」として話題になっています。

では、ダルビッシュ有は元嫁・紗栄子とどのように知り合って結婚に至ったのでしょうか。

また、当時は相当ラブラブに見えたダルビッシュ有と紗栄子ですが、どうして離婚してしまったのでしょうか。

さらに、ダルビッシュ有の今嫁・ダルビッシュ聖子との馴れ初めについても見ていきましょう。

スポンサードリンク

紗栄子との結婚・離婚理由

まずは、ダルビッシュ有と紗栄子の結婚と離婚理由を紹介します。

ダルビッシュ有と紗栄子は2007年5月、タレント・大沢あかねの誕生日会で知り合いました。

元々、紗栄子は大沢あかねと仲良しで、誕生日会に招待されたのも納得ですよね。

対するダルビッシュ有は大沢あかねと面識はなく、大沢あかねの祖父で日本ハムファイターズの監督や球団常務をしていた大沢啓二の知人ということで、大沢あかねの誕生日会に招待されたとされています。

ただ、やはり野球関係者の出席率が高かったのか、同誕生日会では紗栄子が独りぼっちになる瞬間も多かったのだとか。

その時、一人でいる紗栄子に声をかけたのがダルビッシュ有だったといいます。

ただ、当時のダルビッシュ有は紗栄子のことを「CMで見たことがある子」程度の認識だったのだとか。

しかし、ダルビッシュ有と紗栄子はすぐに意気投合し交際に発展。

そして、2007年8月に婚約と紗栄子の妊娠を発表し、同年11月11日に晴れて夫婦となりました。

かなりのスピード婚であることが分かりますよね。

結婚理由は「赤ちゃんができたから」だとは思いますが、初対面から交際までの期間が短いことから、お互いに一目惚れに近い衝撃的な出会いであったことは確かです。

現に「できちゃった婚ではないか?」という世間の声に対して、ダルビッシュ有と紗栄子は「子供ができなくても結婚するつもりだった」と回答しています。

やはり、衝撃的な運命の出会いだったのでしょうね。

とても素敵です。

2人の結婚生活は、紗栄子が芸能活動を一時休業する形で、とても幸せなものであったと想像します。

ただ、2012年にダルビッシュ有から「離婚しよう」と告げたことで離婚が成立

具体的な離婚理由は不明ですが、一部では「ダルビッシュの夜遊びが原因では?」といわれているのです。

当時、ダルビッシュ有は北海道に本拠地がある日本ハムファイターズに在籍していました。

ダルビッシュ有は、北海道の繁華街として有名なすすきのに頻繁に出入りする姿をキャッチされたり、キャバレーの女性と同伴で歩いている姿も目撃されていたのです。

しかし、週刊誌などで「離婚理由はダルビッシュ」と断定されたことに腹を立てたダルビッシュ有は当時、自身のTwitterで以下のように呟やいていました。

何で俺だけ悪いみたいになってんねん。アホちゃう。

このツイートが原因で、世間では「紗栄子にも離婚理由があるのでは?」と騒がれるようになったのです。

そして、紗栄子もベビーシッターである若い男性と不倫をしていたという噂があがりました。

さらに、結婚前にダルビッシュ有の食事管理などをサポートするという約束をしたにも関わらず、自身のブランドが大盛況で頻繁に家を開ける機会が増えたり…など、結婚生活の終盤は夫婦間のすれ違いが非常に多かったのだとか。

離婚を切り出したのはダルビッシュ有からだったようですが、結婚当時はとても幸せそうな2人だっただけに、世間は驚きを隠せない人が多かった印象です。

スポンサードリンク

山本聖子と再婚!

ダルビッシュ有は2012年に紗栄子と離婚後、メジャーリーガーとしてアメリカへ渡っています。

同時期に、後に嫁となる山本聖子もアメリカのレスリングコーチに就任しており、ダルビッシュ有と山本聖子はアメリカの地で出会ったということです。

当時の山本聖子はバツイチ子持ちだったのですが、慣れない異国の地での仕事や子育てに不安を抱えており、知人を介して知り合ったダルビッシュ有に色々と相談に乗ってもらっていたのだとか。

お互いに他人には言えない不安などを口にする中で、2人の間に恋心が芽生え、お付き合いが始まったとされています。

そしてダルビッシュ有は2015年2月22日に、山本聖子のお腹の中に赤ちゃんがいることを報告。

ただ、事実婚で入籍予定は未定としていました。

当時、ダルビッシュ有と山本聖子が事実婚を選択した理由は、山本聖子が元夫と離婚して300日が経っていなかったからです。

とはいえ、同年7月29日に赤ちゃんが誕生し、2016年に入籍して晴れて夫婦になりました。

紆余曲折がありながらも、2023年現在もダルビッシュ有と山本聖子は続いていますし、なんなら「ラブラブすぎる夫婦」としても有名です。

プロスポーツ選手でバツイチという共通点があることから、色々と通ずるものがあるのでしょうね。

ダルビッシュ有・紗栄子との子供はスポーツ音痴?名前・性別

ダルビッシュ有と紗栄子は5年間の結婚生活の間に、以下の通り2人の子供をもうけました。

  • 長男「蓮(れん)くん」:2008年3月24日生まれ(現在14歳)
  • 次男「塁(るい)くん」:2010年2月26日生まれ(現在13歳)

2012年に夫婦が離婚後は、子供たちの親権は紗栄子が持っています。

そして、子供たちはイギリス・ロンドンの学校へ進学し、今はロンドンで暮らしているというから驚きですよね。

ちなみに、子供たちがロンドンの学校へ進学した理由は、子供たちがスポーツ音痴ということも少なからず影響しているのだとか。

紗栄子は、2023年1月19日に出演した「セブンルール」という番組内で、子供の運動音痴について以下のように話していました。

たとえば、スポーツができるって目で見られるけど、子供は不得意だったり。どうしてもコンプレックスが強くなっちゃう。

のびのび子供時代を過ごしてほしいし、合う学校を探して、いろんな国を見にいった。

たしかに、紗栄子の子供たちが日本の学校に居れば「父親はダルビッシュ有なのになんで運動ができないの?」とバカにされてしまうかもしれません。

しかし、日本から遠く離れたロンドンの学校であれば、少なくとも日本に居るよりは劣等感を抱えなくて済みますよね。

「幼少期から子供と親が離れて暮らすだなんて可哀想!」などという心無い言葉も多く受けたという紗栄子ですが、子供たちのことを想っての強い決断だったのですね。

以下の写真は、ダルビッシュ有と紗栄子の間に誕生した2人の子供の幼少期の写真になります。

特にお兄ちゃんのほうは、当時から既にイケメン臭がすごいことになっていますね!

ちなみに、今現在の子供たちの顔は公になっていません。

ただ、ダルビッシュ有と紗栄子の遺伝子を引き継いだ子供たちですから相当な美形なのでしょうね。

スポンサードリンク

ダルビッシュ聖子との子供の名前・性別!

続いて、ダルビッシュ有とダルビッシュ聖子の子供の名前や性別を紹介します。

ダルビッシュ有とダルビッシュ聖子の間には6人の子供がいますが、ダルビッシュ有の実子は5人です。

実は、ダルビッシュ聖子はダルビッシュ有と結婚前にハンドボール元日本代表・永島英明と婚姻関係にあり、その中で息子1人をもうけていたのです。

ダルビッシュ有とダルビッシュ聖子の子供たちの名前や性別はこちら!

  • 長男「しゅうえい君(ダルビッシュ聖子と永島英明との子)」2007年誕生
  • 次男:2015年7月誕生
  • 三男:2017年3月誕生
  • 長女:2019年11月誕生
  • 四男:2022年8月誕生

なかなかな子だくさんぶりですよね。

ただ、ダルビッシュ有とダルビッシュ聖子の間に誕生した子供たちについては、名前は公になっていません。

以下の写真は、後ろ姿の背格好的に次男・三男・長女の3人の写真だと思われます。

父親であるダルビッシュ有の野球選手姿を見ていたのでしょうか。

息子さん達が将来、野球選手という道を選択するのかも気になる所ですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回の記事では、ダルビッシュ有と元嫁・紗栄子との馴れ初めや離婚理由、子供について、ダルビッシュ有と今嫁・ダルビッシュ聖子との馴れ初めや子供についてを紹介しました。

男の子のお子さんが多いダルビッシュ有ですが、子供たちの誰かが野球選手という道を継いでくれたら、球界は大盛り上がりになること間違いなしですよね!

WBCでダルビッシュ有は大きな存在感を見せていますが、今後の活躍にも注目していきましょう!

関連記事はこちら

ヌートバーの元カノ歴代彼女・現在の彼女との馴れ初め・結婚間近で年収ヤバイ金持ち?

(Visited 470 times, 2 visits today)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA