睡眠用うどんとは?体験した感想や購入方法は?

掛け布団の代わりに使う「睡眠用うどん」が話題になっています。

 

睡眠用うどんとは、ヘッドスパ「悟空のきもち」を経営するゴールデンフィールドが開発した、うどんのような形状をした布団で、

 

87日に商品ページを公開すると、8時間で初回生産分の500枚が完売したとゆう人気ぶり。

 

現在、注文を受け付けているのは今年11月に届く第4期生産(5000枚)分で、

 

現在1分に1枚のペースで売れているそうです。

 

今回は、睡眠用うどんの体験した感想や、購入方法についてまとめて見ました。

スポンサードリンク

睡眠用うどんとは?

   寝姿がいつでも自由。

  掛け布団のように、基本の「掛けうどんモード」や「抱き枕モード」・「足枕モード」・

 「包まれモード」など麺を動かすことで自在な寝姿をつくれます。

 

   うどんは、圧倒的な温度調整機能を誇ります。

うどんの麺を、広げる閉じるを寝ながら自在に行えることで、夏はタオルケットより涼しく、

冬は、内部空気量が高いことから毛布1枚かけただけで防寒布団より暖かくなる自在性

 

   入眠・睡眠に、適切な深部体温の切り替えをつくれます。

 すぐ眠るために必要な温かさと、深部体温を下げて深い眠りを作る施術メソットを応用。

 眠る前・寝た後の最適な温度変化は、うどんでしか表現できません。

 

   分割してご自宅で洗うことが可能。

 使われるタテ麺・ヨコ麺はすべて取り外し可能

出典:https://prtimes.jp

睡眠用うどんはたまたま食べたうどんから開発されたようです。

 

寝具メーカーより快眠布団の開発依頼を受けてから、

 

みんなで食べたうどんからインスピレーションを受けて、「ここで寝たい」と思ったのが出発点なんだそうです。

 

そこからこのうどんの形状にたどり着いたようです。

 

うどん特有のモチモチ食感を表現した「眠れるうどん」は一気に人気が爆発しました。

 

「睡眠用うどん」と言うネーミングにも日本文化として受け入れる世界基準を見据えてつけたそうです。

スポンサードリンク

睡眠用うどんの体験した感想は?

睡眠用うどんはタテ麺を彷仏させた細長いクッション8本と、

 

並べたタテ麺の両端を固定するヨコ麺から構成されます。

 

タテ麺とヨコ麺組み立てる方式のようで、

 

アタッチメント枕と春夏用のレースもついているようです。

 

うどん麺はソフトボール大くらいの太さで、

 

なんとなくしっとりした触感でうどんを彷彿させます。

 

睡眠用うどんは、掛け布団のように使用することもできるが、麺の間をくぐって使う事も可能。

 

理想の寝方ができます。

 

その麺の感触はとても心地よいらしく、

 

まるでボールプールに入った時を彷彿させるよう。

 

抱き枕のように抱いて眠ることもできるますが、普通の抱き枕と違うのは、

 

普通の抱き枕では枕を抱いて寝てしまうとそれだけになってしまいますが、

 

睡眠用うどんは女を抱いた上でさらに方に面をかけることができるので間に挟まれた状態で眠ることができ、

 

さらに心地良い睡眠を体験できます。

 

今年冬には麺の”増量”分を販売予定追加ダブルサイズにすることも可能になるそうで、

 

冬に適した睡眠用うどんも近々開発されるようです。

スポンサードリンク

睡眠用うどんの値段や購入方法は?

 

睡眠用うどんの値段や購入方法も気になりますね。

 

睡眠用うどんは、「睡眠用うどん」と枕アタッチメント、春夏用レース、乱れ防止用帯が付いて16800円(税別)

 

送料は全国一律950円なのだそう。

 

購入は悟空のきもちの公式ホームページで買えルそうなのですが、

 

現在は3ヶ月待ちなんだとか

今注目すると、11月上旬に発送予定なのだそうです。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、睡眠用うどんの体験した感想や、購入方法についてまとめて見ました。

 

最近は不眠症の方も増えており、

 

自分にあった枕が流行ったりと質の良い睡眠をとることについてかなり追及される時代になったかと思います。

 

そんな中で睡眠をうどんは睡眠に悩みを抱えている方の強い味方かと思います。

 

好きなような格好や形で寝れる睡眠用うどんは現代社会の抱える現代病に解決の糸口を与えてくれる新たなアイテムかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です